マンション・アパートの引越し挨拶マナー

マンションやアパートなどの集合住宅に引越した場合、ご近所の挨拶はどこまで行えばいのでしょうか。解説します。


マンションの場合

マンションの場合は、両隣の物件はまず行うべきでしょう。さらに、戸数が少ない場合は同じ階数のフロアを回った方が良いでしょう。

さらにマンションで忘れてはいけないのは、上の階と下の階の住人にも挨拶を行う必要があります。集合住宅というのは何かと音が響いてしまうこともあります。事前に顔を合わせていないと、余計なトラブルに発展してしまうことにもなりかねませんので、挨拶は行っておくのがベターでしょう。

アパートの場合

アパートの場合も、両隣と上と下の住民に挨拶をしておくと良いでしょう。さらに戸数が少ない場合はアパートの住民の全員に挨拶をしておくと良いかもしれません。アパートというのはマンション以上に音が響いてしまうこともありますので、注意が必要です。

大家さんへの挨拶も忘れずに

さらに、忘れてはいけないのが大家さんや管理人さんへの挨拶です。引越し作業が始まる前に一度、引越し作業が終わった後に一度の計2回挨拶をしておくと良いでしょう。その際に、ゴミ出しのルールなど必要な情報を訊ねておくと良いでしょう。

引越し時の挨拶としては、アパート、マンションともに両隣と上と下の住民への挨拶を行う必要があります。戸数によっては同じフロアの人間全員に挨拶をしても良いでしょう。さらに、大家さん、管理人さんへの挨拶も忘れずに行いましょう。

次の記事

「引越し挨拶品で喜ばれるもの【引越しの手土産】」

前の記事

「引越しの挨拶はどうすればいいの? 知っておきたい引越しの挨拶マナー」

    
コメント