引越し挨拶品で喜ばれるもの【引越しの手土産】

引越しの挨拶を行うにあたって手ぶらで行くよりも、何か粗品を持っていくのがマナーと言えます。ここでは、引越しの挨拶に持参する場合、どのような引越し挨拶品が喜ばれるのか解説します。


かさばる品物は避ける

基本的に引越しの挨拶で持参する品物はかさばるものは避けるようにしましょう。例えば、コーヒーカップやお皿といったものだと、すでにたくさん持っていて必要ないという場合もあります。

そのため、かさばるものよりも、生活に役立つ品物が喜ばれる傾向にあるようです。例えばタオルなどは、色々な用途に使うことができます。せっけんなどの消えモノも、いくらあっても助かるものなので良いでしょう。タオルもせっけんも清潔感のあるものなので、引越しのイメージともマッチします。

高いものは避ける

さらに引越しの挨拶とは気持ちを現すものでありますので、あまり高いものは持っていかないようにしましょう。相手に気を遣わせてしまうことになります。

菓子折りなども、値段がある程度しますし、相手が甘いモノを好きとは限りません。場合によっては糖尿病などで食事制限があるという場合もありますので、見知らぬ他人への贈り物としては適当ではありません。同様の理由でお酒やタバコなどの嗜好品も当てはまります。

引越しの挨拶に最適な品物はタオルやせっけんなどのすぐに役立つ生活用品となります。食べ物や嗜好品などは相手を選ぶものでありますので注意が必要です。

次の記事

「引越し挨拶品につける「のし」の使い方」

前の記事

「マンション・アパートの引越し挨拶マナー」

    
コメント