引越し挨拶品につける「のし」の使い方

引越しの挨拶で近所に品物を配る場合「のし」をつける必要があります。これはどのようなマナーで使えば良いのでしょうか。ここでは引越しの挨拶に用いる「のし」の使い方について解説します。


「のし」の記載事項

「のし」は配る品物の上に付ける表紙のようなものです。「のし」の記載方法には一定のルールがありますので解説します。

まず、のしに用いる紙は白赤の蝶結びが載っているものとしましょう。結婚式の祝儀などでは実際に糸状になっている蝶結びスタイルの袋が好まれますが、引越しの挨拶でそこまで華美なものを用意する必要はありません。そのためプリントされたのし紙であれば十分であると言えます。

蝶結びの上には、御挨拶の文字を記します。さらに蝶結びの下に自分の名前を記すことになります。

粗品は引越し時に使わない

蝶結びの上に、粗品と書く場合もありますが、これは引越した後に折に触れてご近所に配る場合のものを指します。そのため引越した直後の場合は、御挨拶の文字を書くのが適当となります。

引越しのご挨拶で粗品を配る場合はのし紙を用意する必要があります。祝い事でありますので白赤の蝶結びが記載されたのし紙を使います。表書きの上には御挨拶の文字、下には自分の名前を記載することになります。品物は500円程度のものが良いとされていますので、のし紙もそれほど派手なもの高級なものを用意する必要はありません。

引越し挨拶品を贈る際は、「のし」の使い方マナーをきちんと守ることが大切です。

次の記事

「引越し挨拶のお返しは必要か?」

前の記事

「引越し挨拶品で喜ばれるもの【引越しの手土産】」

    
コメント