年賀状で引越し報告する場合の書き方

年賀状のやりとりくらいしかお付き合いのない人に対して引越しの報告はどのようにすれば良いのでしょうか。ここでは年賀状で引越し報告をする時の書き方について説明します。


引越しの挨拶を兼ねるのは失礼ではない

年賀状を出すついでに引越しの挨拶をしてしまうのは失礼ではないかと思われるかもしれませんが、同じ時期に2通の案内状を送ってしまうというのも、先方に手間をとらせてしまうことになります。

そのため年賀状の文面の中に、引越した旨を記載してしまうことは失礼ではありません。

郵便物の転送処理を忘れずに

さらに年賀状をこちらから出していないけれども、向こうから届いたという場合もあります。そういった場合は郵便物の転送手続きを郵便局に出していないと、年賀状は旧住所に届いてしまうことになりますので注意が必要です。

転送手続きを出していれば年賀状も通常の郵便物と同じように転送されてきますので返信に引越した旨を記しておけば大丈夫です。

喪中の場合は?

それでは年賀状ではなく喪中の挨拶の場合はどうすればいいのでしょうか。祝い事である引越しとはどう兼ね合いをつければいいのでしょうか。喪中の場合は、住所の欄に「新住所」と記しておけば良いとされています。特に引越しをした旨を記す必要はありません。

年賀状で引越しの挨拶を兼ねることは失礼ではありませんので、挨拶の文面の中に引越しの事実を記しておくようにしましょう。喪中の場合は新住所と記載しておくようにしましょう。

次の記事

「引越し祝いでもらって嬉しいプレゼント、困るプレゼント【友人への贈り物】」

前の記事

「引越し報告はがき(引越し挨拶状)の書き方・文例」

    
コメント