引越しで気をつけたい風水・方位ってあるの?

引越しを行うにあたって風水などを気にする人もいるかもしれません。ここでは引越しで気をつけたい風水・方位などについて説明します。


凶の方位は毎年代わる

引越しの方位についてやっかいなのが、年ごとに凶とされる方位が変わって行くということです。さらに決め方によっては、月ごと、日ごと、あるいは時間ごとに凶とされる方位が変わって行くことがあります。これでは、いちいち気にしていてはキリがないという状態になってしまいますので、参考程度にするというのがもっとも良い捉え方かもしれません。

さらには、その人の年齢などによっても凶とされる方角は変わっていきます。すべてを対象とする凶の方角は、五黄殺と暗剣殺と言われています。これは生まれた年によって決まる九星と方角の組み合わせによって決まります。

悪い3つの方角とは

それでも、基本的に良いものとされない方角があります。北、北西、南東の3つの方角がそれにあたりますので、心に留めておくと良いかもしれません。北枕は死人が眠る方角であるので縁起が悪いとも言われています。あまり気にしすぎてしまうのも考えものですので、北枕にならないようにするくらいの気の使い方でも良いかもしれません。

引越しにおいて凶とされている方角は北、北西、南東の3つになります。さらに、年齢や年度ごとに方角が変わっていきますので、気にする人は注意しておくと良いでしょう。

次の記事

「引越しと六曜の関係とは?【大安・友引がおすすめ】」

前の記事

「引越しの新築内祝いのマナー【引越し祝いのお返し】」

    
コメント