引越しと六曜の関係とは?【大安・友引がおすすめ】

引越しというのは祝い事でありますので、六曜(仏滅、大安など)を気にする人もいるかもしれません。ここでは引越しと六曜の関係について解説します。


六曜とはなにか?

六曜とは古来の中国で使われていた曜日の決め事です。月曜日から日曜日までの週7日の曜日と同じ意味があり、毎週ごとに曜日の割り当てがあります。六曜の内訳は赤口、先勝、先負、大安、友引、仏滅の6つとなります。この曜日の中で縁起がいいとされる日、悪いとされる日があるのです。

引越しに最適な六曜は

それでは引越しに向いている曜日はどれかといえば祝い事でありますので大安がベストとなります。結婚式などでも大安が選ばれますが、引越しにも大安が最適と言われています。その分、大安は引越しが集中するため、料金が高めになってしまうことも多いです。

さらに友引の日も祝い事は良いとされています。友引の日に葬式などを行うと文字通り「友を引いてしまう」おそれがあるため避けるものとされています。

引越しにダメな日は

赤口や仏滅の日は祝い事はするべきではないと言われています。しかし、これも昔ながらの考え方でありますので、縁起などを気にしない人は、これらの日の引越し料金は安くなっていることもありますので利用すると良いでしょう。

引越しにおいて縁起が良いとされている六曜は、大安、友引になります。逆にダメな日は赤口、仏滅となります。残る2つの六曜ですが、先勝は午前は凶、先負は反対に午前が凶で午後が吉とされています。

次の記事

「引越し業界のビジネスモデルシェアについて」

前の記事

「引越しで気をつけたい風水・方位ってあるの?」

    
コメント