引越し業界のビジネスモデルシェアについて

引越し業界というのは大手の業者から、個人がトラック1台を使って行っている小さいものまでさまざまな規模の業者が存在します。それぞれの業者の持ち味を活かしたビジネスモデルのシェアが行われています。ここでは引越し業界のビジネスモデルシェアについて解説します。


ビジネスモデルシェアとはなにか?

ビジネスモデルシェアとは名前の通り仕事を分け合うことを言います。シェアハウスという言葉があるように、仕事もシェアするわけです。

例えば引越し業界の一括見積りサイトなどはビジネスモデルのシェアの典型的なものです。利用者は少しでも安い業者を利用したいという考えで、一括見積りサイトを利用します。さらに引越し業者も、利用者がいくらまで引越し料金を下げて欲しいと思っているのかという需要を知ることができます。

さらに他の引越し業者の底値を知ることができます。利用者、引越し業者双方にとって、引越し業界の最新の動向、価格を知ることができるようになっているのです。

混載便などもシェアのひとつ

さらに、遠方の引越しなどで荷物が少ない場合は、一つのトラックに複数の顧客の荷物を搭載する混載便もビジネスモデルシェアであると言えるでしょう。利用者にとっては料金が安くなるメリットがありますし、業者も輸送コストを下げることができます。

隣接の業界とのコラボも

さらに、引越し時の不要品の処分や買取といった作業は、リサイクルショップ業界とのビジネスモデルシェアであると言えます。

ビジネスモデルシェアには、一括見積りサイトや、混載便のほか、引越し関連業者とのコラボレーションなどさまざまな形があります。利用者にとってはメリットとなることが多いので嬉しいものと言えるでしょう。

次の記事

「引越しにも保険がかけられる?【引越し業者が加入】」

前の記事

「引越しと六曜の関係とは?【大安・友引がおすすめ】」

    
コメント