引越しにも保険がかけられる?【引越し業者が加入】

引越しで運ぶ荷物の中には、壊れてしまってはいけないものや、大事なものも多くあるでしょう。そういった荷物の破損などのトラブルを防ぐために引越し保険が存在します。ここでは引越し保険について解説します。


基本的には業者が加入している

ほとんどの引越し業者は万が一のトラブルに際して、引越し保険に加入しています。保障額は大体1,000万円程度となります。1,000万円もあれば、通常の家具や家電などは保険の範囲内でまかなうことができるでしょう。

しかし、業者が加入している保険内でカバーできるものは限られています。申告をしていない美術品や、業者が梱包をしていない段階、つまり自分が引越しの荷造りをしている時に生じた破損、あるいは引越し時の事故など業者の不可抗力によるトラブルなどは補償されません。

特別な荷物には保険を

そのため、絶対に破損が許されないものなどを運ぶ時には、万が一に備えて自分でも保険に加入しておくと良いでしょう。この場合は、業者が契約している保険とは別の会社の保険を契約しても大丈夫です。見積りの時に問い合わせを行っておくと良いでしょう。

引越し時のトラブルに備えて保険が存在します。引越し業者は1,000万円程度の引越し保険に加入していますので通常のトラブルは引越し業者が加入している保険でカバーできます。高級な美術品などが引越し荷物に含まれる場合は、別個の保険への加入を検討するようにしましょう。

次の記事

「新生活の注意点「引越しうつ」ってなんだ?」

前の記事

「引越し業界のビジネスモデルシェアについて」

    
コメント