新生活の注意点「引越しうつ」ってなんだ?

引越しというのは新生活の始まりにあたるわけですから希望に満ちているものだと思われがちです。中にはうつ病のような症状が出てしまう人もおり「引越しうつ」と呼ばれています。ここでは「引越しうつ」の症状について解説します。


引越しうつの原因

引越しうつとは、引越した直後に新生活に慣れないことで起こります。旅行先のホテルなどでなかなか寝付けず困った経験がある人は多いでしょう。引越しうつの場合も、新居が旅先のホテルのようなものになっているため、不眠症になってしまうといった症状が現れることになります。

新生活は神経が高ぶる

さらに引越した時というのは、新生活を始めるにあたり神経が高ぶっている時期にあたります。そのため何かと自分を変えようと、新しいことにチャレンジしたり、家具の配置を変えてみたりと積極的に動きたくなってしまいます。そういったことを繰り返しているうちに、神経が疲れてしまいノイローゼのような症状を引き起こすのも「引越しうつ」の症状です。

対策法はあるの?

それでは「引越しうつ」の対策法はあるのでしょうか。基本的には、無理な動きはしないということが重要です。引越しをしたからといって自分の人生が劇的に変わるわけではありません。じっくりと新生活の変化に慣れていくようにしましょう。

「引越しうつ」は、引越した直後の慣れない生活に馴染めないことによって引き起こされる神経症です。慌てずにゆっくりと新生活に馴染むことが、引越しうつの対策となります。引越直後は神経が高ぶるものです。新生活にじっくりと慣れていけば問題ないでしょう。

次の記事

「引越しで後悔した3つのこと」

前の記事

「引越しにも保険がかけられる?【引越し業者が加入】」

    
コメント