引越し用のダンボールを無料で調達する3つの方法

引越しを行うにあたって必須のアイテムというのは無数にありますが、ダンボールはまず必ず必要となるものです。ダンボールというのはホームセンターなどで販売していますが、何十個も買ってしまえばけっこうな出費となってしまいます。スーパーマーケットなどではダンボールを無料でくれるところもありますが、食品用のダンボールのため、どうしてもスペースが小さいものとなってしまいます。大きな衣料品などを収納するには足りないでしょう。


1.引越し業者からもらう

引越し業者はダンボールを無料でくれるところも多いです。引越しパックなどにダンボール料金が含まれている所も多いですので、見積りの際に交渉を行ってみると良いでしょう。格安のパック料金などの場合には、ダンボールの数が限定されていることもありますので、注意が必要です。

数を増やしてもらう交渉も

次に、ダンボールの数が限られていても、料金交渉とあわせて数を増やすことも可能です。現金の料金をこれ以上下げることができないという場合にも、ダンボールの数を増やしてもらうといった交渉もできることもできますので、試してみると良いでしょう。

業者のダンボールを利用するメリットとしては、大量に発注しても余った場合は回収してもらえる。さらに引越し後の回収も行ってくれる場合がありますので利用するとよいでしょう。

2.引越しをした人からもらう

まわりの友人知人などで引越しをした人がいたならば、ダンボールをそのままもらうというのも手です。ダンボールというのは繰り返し使うことができる丈夫なものですので、ダンボール分の料金を節約したい場合は、考えてみると良いでしょう。さらに、ネット上で呼びかけて見ると、都合の良い人が現れるかもしれません。物々交換などを行っているサイトもありますので、ギブ&テイクの精神を生かして、探してみると良いでしょう。

3.スーパーや薬局などでもらう

スーパーマーケットやホームセンターなどでは、荷物を運ぶため大量のダンボールを持っています。業者がダンボールを処分する場合は、産業ゴミとしてお金がかかってしまう場合もありますので、無料でいいからもらって欲しいという場合もあります。

スーパーなどでは食品や飲料水などが入っているダンボールは、収納できる量が限られているため、あまり引っ越し向きであるとは言えませんが、大きなダンボールが無いことはないので、交渉してみると良いでしょう。食品のダンボールは汚れてことが多いので、薬局やホームセンターのダンボールがおすすめです。

基本的に引越し用のダンボールは引越し料金に含まれているものなので業者からもらうのがベターです。ホームセンターで販売しているダンボールを購入することもできますが、薬局や業者から無料で調達するようにするとよいでしょう。

次の記事

「引越しに便利なダンボールのサイズと必要な数」

前の記事

「引越しに役立つリサイクル買取利用法」

    
コメント