引越しの準備って大変! 引越しの準備でやることまとめ

引越しの準備は、手続きも含めて意外とやることが多いものです。しかも1ヶ月以上前から準備のいることや平日しかできないこともあってかなり面倒です。さらに、引越しは手間もかかるし、お金もかかります。引越しに慣れている人はそう多くありません。いざ引越ししようとしてもわからないことだらけで戸惑いますが、特に初めての引越しではなおさらでしょう。引越しの準備でやっておきたいこと、やっておくべきことをまとめてみました。


引越しの準備は1ヶ月前から

引越しの準備には数日前でも間に合うこともありますが、中には1ヶ月以上前にやっておかなければならないこともあります。それは、賃貸の場合の契約解除です。多くの場合、賃貸契約の解除は1ヶ月前ですが、契約によって違う場合もありますので、ご自身の契約内容を確認しておきましょう。

通常は引越しの1ヶ月以上前に大家さんに伝えなければなりません。もし1ヶ月を切ってから伝えると、その日から1ヶ月分の家賃を請求されると思ってください。これは駐車場を借りている場合も同じです。

荷造りを済ませる

当たり前ですが、引越し当日までに荷造りが終わっていないと引越しがスムーズにできません。引越し業者の仕事は原則として荷物を運ぶだけですので、荷造りできていないために余分な時間がかかると追加料金を請求されることがあります。オプションで業者に荷造りをまかせるプランもありますが、それ以外は荷造りを前日までに済ませなくてはなりません。

荷造りは荷物の量にもよりますが、引越しまでに少しずつやるなら1ヶ月以上かかると見たほうがいいでしょう。仕事や家事の合い間に荷造りするのは、思った以上にはかどらないものです。

ダンボールの手配

この段階で引越し業者を決めていないなら、荷造りするダンボールは自分で調達しなければなりません。スーパーや量販店などでダンボールを分けてくれるところがありますので、そこから調達するとタダで手に入りますが、それが無理ならホームセンターなどで買うことになります。引越し業者が決まっていれば、ダンボールを先にもらえるので、自分で調達する必要はなくなります。

引越し日を決める

急な引越しや転勤など、自分の都合で引越し日が決められない場合はしかたありませんが、できれば3月〜4月の引越しシーズンと土日祝日をはずして引越し日を決めると料金が安くなります。

業者に見積もりを取らせる

引越し日が決まったら、業者から見積もりを取って申し込み手続きをしましょう。見積もりは電話でもできますが、なるべく訪問見積もりをしてもらうことをおすすめします。実際に業者の目で荷物の量を見てもらったほうが正確な見積もりが出せるからです。

電話だけだと、当日になって電話の内容より荷物の量が多いからと割り増し料金を請求されることがあります。また、廊下の幅や玄関の外の通路の幅などを見て、スムーズな作業ができるかどうかも業者は見ています。

幅が狭くて慣れたスタッフでないと時間がかかりそうだと判断したら、ベテランを配置してくれます。そういうことのためにも、一度見てもらったほうがいいのです。ちなみに、ベテランを配置しても料金が高くなることはありません。

役所への諸手続き

役所の手続きは平日しか行えませんので、できれば引越し日の1週間くらい前には済ませておきたいものです。役所で転出届を出すのと同時に、国民年金や国民健康保険の住所変更、印鑑登録抹消などもやっておきましょう。

ゴミは少しずつ処分する

引越しをすると、こんなにゴミがあったのかというくらいゴミが出ます。一度に出すのは大変ですし、ゴミ捨て場がいっぱいになって近隣住民に迷惑をかけますから、1ヶ月以上前から少しずつ捨てるようにしたいものです。また、不用品はリサイクルショップに売ればお金になりますが、業者に処分を頼むとお金がかかります。不用品でも使えるものは売ってお金に換えましょう。

引越しは面倒な手続きが多く、行き当たりばったりではうまくいきません。引越しが決まったらその日までに何をやるか、いつまでにやるかなどの計画をカレンダーやメモ帳に書き込んで、ひとつずつ確実に消化していきましょう。

次の記事

「引越し荷物の粗大ゴミ・不要品を処分するコツ」

前の記事

「混載便を利用して長距離の引越し料金を下げるコツ」

    
コメント