引越しでいらない家具・家電を処分するには

引越し作業を行うにあたっていらない家具や家電が出てきた場合、どのタイミングで処分するのが最適なのでしょうか。あるいは、処分にはお金がかかるものなのでしょうか。そういった疑問を、いらない家具や家電の処分方法とあわせて解説します。


早めに処分を

引越しが決まったならば、まず要らないと思われるものを早めに決めて処分をするようにすると良いでしょう。リサイクルショップなどでは出張買取を行っているところもあります。意外と知られていないのですが、リサイクルショップの出張買取は近所だけではなく、県をまたいだ地域まで広く出張してくれるところもあります。インターネットには多くの業者がサイトを開設していますので調べてみると良いでしょう。

業者の買取サービスを利用する

引越し業者の中には、引越しの時にその場で不要品を回収、買取してくれるサービスを行っているところもあります。引越しの荷物のほかにも、不要品をトラックに積むスペースを確保する必要があるため、不要品の買取が生じそうな場合は、見積りの時に業者に相談してみると良いでしょう。基本的に少量の不要品であるならば無料で引き取ってくれることもありますが、大体は追加料金が発生することになります。引越しそのものの出費を抑えたいという場合には、引越し前に買取を行っているリサイクルショップなどを利用すると良いでしょう。

インターネットなどを利用する

友人知人関係で、家具や家電を譲れる人、処分できる人がいない場合でもインターネット上を探せば、何かを求めている人は無数にいます。物々交換サイトといったものもありますので、新しい引越し先の物件のレイアウトに似合った家具や家電を、現在処分しようと思っている家具や家電と引き換えでもらうことができる場合もあります。

インターネットだけではなく、地域のコミュニティ新聞といったものにも不要品の交換や引取に関しては情報が載っていることもありますのでチェックすると良いでしょう。

粗大ごみの処分にも時間がかかる

不要品を引き取ってもらったり、買い取ってもらう以外に、粗大ごみとして捨てるという方法もあります。ただ、粗大ごみはその場でゴミ捨て場に捨ててしまえば良いというわけではありません。処分には有料の費用がかかることがほとんどです。事前に役所へ行き、規定の料金を支払うことで、粗大ごみに添付するステッカーをもらうという方法が一般的です。

回収を行う日時も決まっていますので、大型家具や家電などを処分したいと考える場合には引越しが決まったらすぐに動き出すようにしましょう。

家具や家電の処分は引越しの段取りの中でも最初に片付けておくべき仕事であると言えます。あとまわしにしていると荷物の梱包といった細かい作業が立て込んできてしまいますので、大きな仕事から片付けていくように心がけましょう。

処分方法としては、リサイクルショップの出張買取サービスや、インターネットの個人売買サイトを利用すれば、ある程度のお金にすることができます。粗大ごみとして処分する場合にはお金がかかることがあるので、注意しましょう。

次の記事

「ベッドの引越し料金を安くするコツ」

前の記事

「【引越しテク】布団袋に詰め込めるもの、詰め込めないもの」

    
コメント