ベッドの引越し料金を安くするコツ

ベッドというのは引越し荷物の中でももっともかさばるものの1つとなっています。引越し料金というのは運搬する家具の大きさによって変わってきます。ベッドというのはシングルベッドから、ダブルベッド、キングサイズのベッドまで大きさもまちまちです。当然、大きくなるほど家具を運ぶ手間がかかるため料金が値上っていきます。ではベッドの引越し料金を安くするにはどうればよいのでしょうか。解説します。


ポイントは分解可能か

ベッドというのは大きいものですが、中には分解可能なものもあります。最初にベッドを購入して運ばれてきた時はバラバラであるならば、分解は可能です。分解が不可能なベッドの場合は通常の入口から運び込みことができない場合があります。

そういった場合は2Fから吊り下げてベランダから入れるといった一手間が加わることになり、引越しにかかる所要時間も伸びていきます。

一方でベッドが解体可能ならば、部品などを段ボールに収納して、通常の引越し荷物と同様に運ぶことができるので、家具の運搬にかかる料金がかからない分、料金を抑えることができます。

組み立ては自分で行うか、業者か

ただしベッドは大きなものですので、1人で分解や組み立てを行うには限界があります。そういった場合は業者の手を借りることになるので、その分料金もかかっていくと考えるべきでしょう。友人の手助けをもらうから、ベッドの解体と組み立ては自分で行えると伝えることで料金を下げることもできるかもしれません。あるいは引越しプランのパック料金の中に含まれているということもあるかもしれませんので、これは見積りの時に業者に確認しておくべきポイントです。

サイズを把握する

さらにベッドというのはシングルでもけっこうな大きさになります。そのためワンルームマンションなどの場合は、部屋の面積のほとんどを占めてしまうということにもなります。

さらに避けなければいけない最悪のケースとしては新しい物件の間取りに入らないということもあります。そのため、ベッドのサイズなどはあからじめ数字を把握しておき、引越しが決まったならば、あるいは考えている物件などを内見する際に、メジャーで測って確かめておくくらいがちょうどよいかもしれません。現在はメーカーのホームページや通信販売サイトなどで、サイズを簡単に調べることができますので手間もそれほどかかりません、

ベッドの引越し料金を安くするポイントは分解可能であるか、あるいはサイズはどのくらいで新しい物件に搬入する時にどれだけの手間がかかるかによって変わってきます。

次の記事

「引越しでピアノ運搬料金を安くするには?」

前の記事

「引越しでいらない家具・家電を処分するには」

    
コメント