引越しでピアノ運搬料金を安くするには?

ピアノというのは家具の中でも重量感のあるものです。さらに精密な楽器なので取り扱いも慎重に行われればいけません。ピアノは特殊な家具のため、引越し料金に上乗せされることもあります。では、このピアノの運搬料金を安くするにはどうれば良いのでしょうか。解説します。


ピアノは分解できない

ピアノはピアノとして運ばなければいけないので、その分スペースを取ることになります。家庭用のアップライトピアノならともかく、巨大なグランドピアノならば、それぞれの脚を4人がかりで運ばなければいけません。

ピアノ専用料金を設けている業者も

そのため、ピアノの運搬はどの業者も対応していますが、通常の大型家具に加えてさらに料金がかかるということもあるようです。運搬料金や配送料金などの相場はどの業者も同じようなものですが、ピアノというのはとても繊細な楽器となっていますので、ピアノの運搬に慣れた業者を選ぶようにすると良いでしょう。場合によっては通常の引越しとは別に楽器運搬を専門に行なっている業者を探すのも良いかもしれません。

引越しというのは普通の住宅から住宅へ荷物を運ぶだけではなく、美術展や博物館の展示会に合わせて、文化財や美術品を厳重に梱包して運ぶような作業も行っています。そういった作業に慣れている業者に依頼すれば、安心してピアノの運搬を任せることができるでしょう。

ピアノは調律がいる

さらにピアノは、音を調整する調律という作業が必要になります。これはギターのチューニングのようなもので、細かい調整を必要とするので、専用の調律師の手によって行わなければいけません。

ピアノというのは定期的な調律を必要とします。引越しではどれだけ慎重に運んでいたとしても、その後の調律は必要とします。業者によってはピアノの運搬と調律をセットにしている引越しパックを用意しているところもありますので検討してみると良いでしょう。

電子ピアノの引越し

エレクトーンなどの電子ピアノの引越しは通常のピアノほど慎重になる必要はありませんが、やはり楽器ですので、取り扱いは慎重に行いたいものです。楽器の運搬に慣れた業者を利用するのが良い選択となるのではないでしょうか。

ピアノの運搬は、どの引越し業者も対応していますが追加料金がかかることが多くあります。楽器運搬を専門にしている業者もあるので、別個依頼する方法があります。さらにピアノの移動後には調律が必要となりますが、調律までを含めた引越しパックを用意している業者もあるので利用してみると良いでしょう。

エレクトーンなど電子ピアノの引越しはピアノほど慎重になる必要はありませんが場合によっては専門業者を利用すると良いでしょう。

次の記事

「引越しで食器を荷造り・梱包するコツ」

前の記事

「ベッドの引越し料金を安くするコツ」

    
コメント