引越しで食器を荷造り・梱包するコツ

引越し作業というのは、大雑把なものから細かいものまであらゆる作業が集約しています。そのため、それぞれの作業を効率よくこなしていかないと、なかなか計画通りに終わらせることができないものです。特に、細かい作業は、ひとつひとつの作業時間はそれほどかかりませんが、作業を行う数自体が膨大でありますので、もっとも難儀する場所であると言えるでしょう。今回は、細かい作業の代表格である食器類の荷造りと梱包のコツについて解説します。


食器類は新聞紙でくるむと便利

食器やコップなどのキッチン周りの用品はまず大きさごとに分類すると良いでしょう。のちのち箱詰めする時に、スペースを無駄にせず詰め込むことができるからです。

新聞紙が便利

さらに、それぞれの食器類は新聞紙でくるむようにすると良いです。これならば、食器同士がこすれあって破損してしまうことを防ぐことができます。さらに、万が一、落としたりした衝撃で破損してしまっても、割れ物が飛散することがないので安全です。

雑誌の紙は不向き

雑誌などは紙の質によって厚手のものだったりすると、うまく食器に合わせてくるむこともできなかったりしますので、やはり新聞紙がもっとも適した紙であると言えるでしょう。引越しの時は、ある程度まとまった量の新聞紙は処分せずに取っておくと便利です。引越しに役立つアイテムのひとつです。

金属製のものは別に整理しよう

引越しの際の、食器の梱包を行う時のポイントとしては種類別に分類する重要性は示しました。さらにナイフやフォークなどの金属製のアイテムも別に整理しておくと良いでしょう。荷物の中でガチャガチャに混ざってしまい破損の危険性があるからです。こちらも、同じ長さなどにくるんでおくと良いでしょう。ガムテープなどで固定してしまうとさらに安心な荷造りとなるでしょう。

段ボールの梱包は中身を把握すること

新聞紙にくるまれた食器類が大量にできあがると思いますが、段ボールに詰め込む時は、わかりやすいように大きくマジックで内容物の名前を段ボールに記しておくようにしましょう。のちのち整理する際に中身を開けてみないとわからないという風になってしまってはめんどうです。さらに荷物をまとめる時も、本や衣料品などと混ざらないように配慮しておくと、引越し先で荷物を開封する時に便利です。場合によっては「われもの注意」などの記載があると業者さんも把握しやすいかもしれません。

食器はこわれやすいものなので梱包には注意しましょう。

次の記事

「引越し時の仏壇の注意点」

前の記事

「引越しでピアノ運搬料金を安くするには?」

    
コメント