引越し荷物の荷造り・梱包のコツ

引越しというのは多くの作業があります。中でも荷造りは、細かいものを次々と詰め込んでいく作業であり、時間がかかるものとなっています。荷造りや梱包の作業を効率よく行うコツを紹介します。


荷物の整理は種類ごとに

引越しをするにあたって荷造りを始める場合、忘れてはいけないのが、引越しの荷物は引越し先で新たに開封するということです。詰め込んでしまえば終わりというわけではありません。そのため、引越し先で開封する時に混乱のないような荷造りのまとめ方をするコツがあります。

まず何より必要なことは、荷物は種類ごとにまとめるというものです。衣料品ならば衣料品、本ならば本といった感じに詰め込んでいくと良いでしょう。荷物の量が余ったからといって、別のものを詰め込んでいくと混乱のもとになりますので、なるべくならば荷物は種類ごとにまとめていくのがベターです。

重いものを下に、軽いものを上に

荷物を詰め込んでいくと、その段ボールを積み重ねていくということになります。その際に注意したいのは、重いのを下に、軽いものを上に重ねていくように意識すると良いでしょう。重いものは、どんどん下に食い込んでいくので、段ボールが食い込んでいってしまいます。

さらに引越し作業の時は、積み重ねてある段ボールは上の方から運んでいくことになります。上にあるものは取り出しにくいので軽くしておいた方が良いでしょう。

割れやすいもの、壊れやすいものを把握しておく

さらに、荷物の中には食器類などの割れやすいもの、破損しやすいものも多くあります。こういったものを梱包する時は、緩衝材や、新聞紙でくるむなどの対策を施すようにすると良いでしょう。

小物は袋にまとめておく

引越しの荷造りにおいて手間がかかるのが文房具などの小物類です。こういったものは、段ボールの中に直接詰め込むのではなく、ビニール袋や大きめの紙袋などに種類ごとにまとめておくと便利です。

  • 引越し荷物、荷造り梱包のコツは、まず種類別にまとめる。
  • 段ボールを積み重ねていく場合、重いものを下に、軽いものを上に重ねるようにする。
  • 小物類は、段ボールの中でビニールや袋ごとにまとめていく。

この分類法を心がけておくと、引越しの荷物の荷造り・梱包に役立ちます!

次の記事

「引越しで便利な引越し用品、梱包資材とは何か?」

前の記事

「ダンボールのみで引っ越しをするコツ! 荷物がダンボール10個程度の場合、引越し料金は安くなるのか?」

    
コメント