ハンガーボックスを利用した引越しテクニック

ハンガーボックスは、衣料品をハンガーにかけて運ぶことができるものです。ハンガーボックスに収納できるものは衣料品とは限りません。ここではハンガーボックスを利用した引越しテクニックを紹介します。


服以外のものも収納できる

ハンガーボックスは簡易的なクローゼットのような形をしています。そのためコートやスーツといったものを、そのまま引っ掛けて運ぶことができるようになっています。シワになってしまいそうなものや、段ボールに詰め込んでしまうとかさばってしまうものなどを用いることができるようになります。

服をそのまま立てかけて使うのですがハンガーボックスは下部にスペースが生じています。そこで、その場において荷物を詰め込んでいくというのも用法の一つです。例えばそこに収まるもので、段ボールには詰め込みにくいものが、最適な収納物となります。それは何かと言われれば、クッション類や、ぬいぐるみといったものでも良いかもしれません。あるいは、布団の枕といったものでも良いでしょう。

ハンガーボックスというのは、丈夫な作りをしています。さらに、雨や湿気の対策もできていますので、荷物を運ぶ材料として最適なものになります。

詰め込むことも可能

さらにハンガーボックスには服をかけていくものなので、荷物を収納するためのスキマができることになります。よほど服の取り扱いに神経質なものでなければ、衣料品をどんどん詰め込んでいっても良いかもしれません。

ハンガーボックスの魅力は普通の段ボールよりも、収納できる量がはるかに多いというものです。そのため、服にまつわるもの、関係するものを集めて一緒くたに入れてしまうというのも一つの手です。例えば、タオル類や、Tシャツなどを、くるんで入れてしまうこともできます。

レンタルは無料

ハンガーボックスは引っ越しの時に使う場合は、業者が無料で用意してくれることがほとんどです。服をかける作業も業者が行ってくれる場合と自分で行う場合に分かれます。

基本的には作業員が梱包済みの段ボールを運んでいる間に、自分がかけるということがあります。作業時間はあまりありませんので、服をかける順番などを決めておくと良いでしょう。さらに、業者が用意するハンガーボックスというのは何度も使い古されたものでもありますが、よほど気にする人でなければそのまま服をかけてしまって良いでしょう。

ハンガーボックスというのは通常の段ボールよりも収納スペースが多い便利なグッズです。さらに服をかけるだけではなく余っているスペースもありますので、有効活用を行うことができます。段ボールに入りきらないもの、1つの段ボールにまとまらない小物類などを入れるといった用途に活用すると良いでしょう。

次の記事

「【引越しテク】布団袋に詰め込めるもの、詰め込めないもの」

前の記事

「不要品の引取りについて引越し業者は対応してくれるか?」

    
コメント