引越しで役立つ本の梱包法【ダンボールへの詰め方重要】

引越しの際にかさばる荷物として本や雑誌があります。ここでは引越しでの本の梱包法について解説します。


大きな段ボールに詰めない

本というのは、1つ1つの重さはそれほどでもありませんが大量に詰め込むと、とても重いものになってしまいます。

引越し用の段ボールにはLサイズとMサイズの2種類が主にありますが、Lサイズに本をめいっぱい詰めると、引越し業者のスタッフさんも持ち上げにくい重さになってしまいます。そのため本が大量にある人は、Mサイズの段ボールに詰めていくようにしましょう。

サイズごとに揃えていく

本というのは、それぞれサイズがあります。文庫本や単行本などはサイズごとに揃えて行くようにしましょう。サイズを揃えていくことによって、移動の際に本がこすれあって傷ついてしまうことを避けることができます。

気になる人は新聞紙や、あまった紙などで包んでおくと汚れや破損を防ぐことができます。さらに、状態を保ちたい本ならばビニール袋などに入れて梱包しておけば、湿気や水気などを防ぐことができます。

下に詰めるのが本の詰め方のポイント

本は基本的に平たいので、ダンボールの一番下に平面になるように詰めましょう。ダンボールの容量も最大限活かすことができます、

引越しの時の本の梱包法で注意すべきなのは、多く集まるととてつもない重さになるので、大きな段ボールに目一杯詰めることは避ける必要があります。さらに、サイズごとに揃えて収納していけないと本が汚れる、破損する危険があるので注意しましょう。湿気や水気などが気になる人はビニール袋でくるむなどの対策を施すと良いでしょう。

次の記事

「引越しに必要な手続き。見落としがちな手続きチェックリスト!」

前の記事

「自転車の引越し費用を安くするには?【トラックそれとも自分で移動する?】」

    
コメント