引越しでテレビを上手に梱包する方法

テレビは引越しの家電としてはかさばるものの1つです。ここではテレビの梱包について解説します。


箱があればベター

広い住宅などではテレビが入っていた箱を保存している場合もあるかもしれません。そういった場合には、テレビの入っていた箱をそのまま使うのがベターです。なぜならば、テレビというのは特殊な形状をしているので、普通の段ボールをテレビに合わせて切り貼りして作ることは一手間が必要になってしまうのです。

梱包材の販売も

さらに、テレビは専用の段ボールが梱包材として販売されていますので、テレビのサイズを確認して導入するのも良いでしょう。その際に注意したいのは、サイズぴったりのものを注文すると、キツキツで入らない場合も考えられるということです。そのため、テレビのサイズなどを確認して梱包材と合っているかを確認する必要があります。年式やメーカーごとに、同じインチでも大きさは微妙に異なってくることがあります。その場でメジャーなどを使ってサイズを測っても良いのですが、インターネットで型番を検索すれば大きさを把握できるので便利なものとなっています。

さらに引越し業者が専用の梱包材を用意している場合もありますので、見積りの際に相談してみると良いでしょう。

配線などにも注意しよう

さらにテレビの梱包で気をつけなければいけないのは、配線などを把握しておくことです。引越し先で改めてテレビのセッティングを行う場合に、どのラインにどのコードがつながっていたのかわからないとなると、なかなかテレビを見ることができないようになります。引越し直後というのは意外と娯楽がないものですから、テレビはすぐ見られるようにしておきたいものです。

さらにケーブルやリモコンなども、バラバラになってしまわないようにしましょう。家電周りの配線などを、1つの段ボールにまとめておくと、のちのち取り出しやすいものになるかもしれません。

テレビの梱包はサイズに合わせて段ボールを用意する必要があります。テレビの形状に合わせた梱包材がインターネットなどで販売されているので大きさを調べて購入しても良いでしょう。さらに梱包の際は、ケーブルやリモコンなど付属品が紛失しないように注意しましょう。

次の記事

「エアコンの引越し料金を安くするコツ【取り付け・取り外しがポイント】」

前の記事

「引越し時の仏壇の注意点」

    
コメント