エアコンの引越し料金を安くするコツ【取り付け・取り外しがポイント】

賃貸物件ならばエアコンは備え付けの備品である場合がありますが、持ち家の場合、エアコンの引越しも必要となります。取り付けと取り外しが必要なため、手間賃がかかるためエアコンの引越し料金は1万円程度かかってしまうところが多くあります。

1万円はけっこうな出費となるため、この費用を少しでも安くするにはどうすればいいのでしょうか。ここではエアコンの引越し料金を安くするコツを紹介します。


エアコン工事は外注業者の仕事

エアコンは取り付けと取り外しが必要なため専門的な技術や知識が必要になります。そのため引越し業者が用意しているプランでも、エアコンの作業は専門の業者が行っています。最初に引越し業者に依頼した金額から、マージンが抜かれた金額が専門の業者に渡っています。

そのため、エアコンの工事には引越し業者を通さず専門の取り付け業者に直接依頼すると料金を安くすることができます。

パイプなどの付属品に金がかかる

エアコンは本体だけではなく、室外機をつなぐパイプなどを含めて引越しをすることになります。

取り付け工事を行う際に、エアコンの取り付け業者は老朽化などを理由にパイプの交換を薦めてきます。これは、オプションを提示することで業者の利益となるためです。結果的に最初の料金が安くても、部品代や追加の工賃がかかってしまうことがあります。

そういったトラブルを避けるためにも、工事を申し込む段階で、パイプの交換などは存在しないか、追加料金は発生しないか、といった点を確認しておくと良いでしょう。

エアコンの取り付けや取り外しなどの料金を安くするには、引越し業者を通さず直接専門業者に依頼すること。パイプ交換などの追加料金が発生しないかを発注時に確認すること。以上の2点が重要となります。

次の記事

「冷蔵庫の引越しで気をつけるべき3つのポイント【電源注意】」

前の記事

「引越しでテレビを上手に梱包する方法」

    
コメント