洗濯機を引越しするときの注意点【水抜き必須】

洗濯機は引越しをする時に取り扱いに注意すべき家電です。水抜きなどにコツがいるからです。今回は、洗濯機を引越しするときの注意点を紹介します。


水抜きの方法

洗濯機の中には、洗濯で使われなかった水が残っていることがあります。さらに水道の蛇口と洗濯機を繋ぐ給水ホース、洗濯機と排水口と繋ぐ排水コースの中にも水が残っています。そのため、引越しの時にホースを外すと水が流れでてしまうことがありますので、水抜きを行う必要があります。

水抜きの方法ですが給水ホースの場合は、蛇口を締めた状態で洗濯機の電源を入れて、ドライコースを選びスタートボタンを押しましょう。こうすることによって洗濯機内の水を抜くことができます。

その後、蛇口から給水ホースを取り外しホース内の水を取り出しましょう。その後、排水ホースを取り出し水を取り出しましょう。水が多く出る場合がありますので、水受け用の洗面器を用意しておくとスムーズです。

さらに、排水ホース自体は汚れていますので、水を拭き取る際には使い捨てのタオルやぞうきんなどを用いましょう。

設置場所による取り扱い対応法

洗濯機は屋外設置か屋内設置であるかによって取り扱いが変わってきます。

屋内設置ならあまり汚れは目立たないでしょうが屋外設置の場合は、野ざらしのため、洗濯機が汚れていることがありますので、引越しを機会として全体を拭き取るようにしておくと良いでしょう。

屋外屋内問わず、洗濯機には湿気によるカビが発生していることもありますので、軽く洗剤を付けて拭きとっても良いでしょう。

洗濯機の引越しを行う場合は、水回りの家電なので水抜き措置を前もって行っておくようにしましょう。カビなどの汚れが発生していることもありますので、使い捨て前提のタオルやぞうきんなどを用いて拭き取りを行うと良いでしょう。

次の記事

「パソコンを引越しの時は梱包に注意」

前の記事

「冷蔵庫の引越しで気をつけるべき3つのポイント【電源注意】」

    
コメント