電話の引越し手続きの方法【NTT東日本と西日本に注意】

携帯電話が普及した現在でも、自宅でインターネットをつないでいる人は固定電話を必要としている人も多いでしょう。ここでは電話(NTT)の引越し手続きについて解説します。


準備は早めに

引越しが決まったら電話の引越し手続きは早めに行うと良いでしょう。これまでのように電話で手続きを行うこともできますが、現在ではインターネットで手続きもできるようになっています。

場合によっては固定電話の引越しには、引越し先で新たに工事が必要になる場合があります。引越し先の物件がひかり電話や光回線に対応していない場合は、新たに工事が必要となります。場合によっては工事業者の立合いが必要となる場合もあります。

そういった場合、工事が終わるまでは固定電話やインターネット回線は使えないことになります。引越し当日からネットが使えるようにするためにも、申し込みは早めに行うと良いでしょう。

東日本と西日本の間の電話引越しについて

現在、NTTは東日本と西日本で会社が分かれています。それぞれの管轄地域の間をまたいで引っ越しする場合は特別な手続きは必要ありません。NTT東日本、西日本ともに、電話の引越し手続きは、会社の窓口などに行く必要はありませんので、電話口でそのまま申し込みましょう。

NTTの電話の引越し手続きは余裕を持って申し込みをするようにしましょう。場合によっては工事業者の立合いの工事が必要になる場合があります。基本的にNTT東日本と西日本の間の引越しに際して特別な手続きは必要ありません。

次の記事

「水道の引越し手続き」

前の記事

「引越しに必要な手続き。見落としがちな手続きチェックリスト!」

    
コメント