電気の引越し手続き

引越しの際に忘れてはならない手続きのひとつが電気の移転手続きです。ライフラインとしても重要な電気の移転について、東京電力のケースを中心に各電力会社にも当てはまるようにまとめました。引越しが決まったら、忘れないうちに手続きしておきましょう。


電気の引越し手続きに必要な情報

電気の引越し手続きには以下の情報が必要となります。

  • 現住所
  • 転居先住所
  • お客様番号(検針票や領収証に記載されています)
  • 引越し日時
  • 支払い方法

なお、東京電力の場合はインターネットでも手続きが可能です。インターネットを使えば24時間いつでも手続きできるので忙しい人には便利です。

http://www.tepco.co.jp/e-rates/individual/basic/moving/index-j.html

このインターネット手続きで住所を入力すると、「引越れんらく帳」が作成されます。引越れんらく帳があると水道・ガスなどの引越し手続きも同時に行えるのでとても便利です。また、引越れんらく帳を使えばNHK受信料、クレジットカード、損害保険などの住所変更もできます。

インターネットで電気の引越し手続きをすると、「でんき家計簿」の会員IDを取得できます。
これを使うと、電気使用量と料金がひと目でわかります。

いつまでに手続きするのか

電力会社への引越し手続きは、余裕をもって1週間前には済ませたいものです。最近ではホームページから手続きできる電力会社も増えましたが、対応していない場合は電話で手続きしましょう。

また、インターネットでは通常2〜3営業日前までに手続きしないと受け付けできません。引越し間際の緊急の場合は電話での申し込みとなります。

電気料金の精算方法

引越しまでの電力使用料は、前回の検診日から引越し日までの使用量をもとに料金を日割り計算して出します。料金の支払い方法は、引越し当日の精算を希望する場合は電力会社の係員が訪問して料金を徴収します。

引越し日に係員に来てもらえない、あるいは支払いできない場合は、移転先に請求書を送ってもらえますので、その請求書で支払いをします。

ブレーカーを落とす

引越しするときは、安全のため最後にブレーカーを落としてから玄関の鍵をかけましょう。ただし、寒冷地では冬季は電気を使用した凍結防止装置付きの給湯器や配管が設置してあることがありますから、その場合はブレーカーは上げたままにします。

支払い方法は移転先でも同じ

クレジットカード払いや口座振り替えなどの支払い方法は、同一電力会社内の転居の場合に限って継続して利用することができます。ただし、契約内容によっては継続利用ができないこともありますので、特殊な契約をしている場合は電力会社に確認してみましょう。

新居で電気の使用を開始する

新居に着いたら、荷物を搬入する前に電気を使えるようにしましょう。手順は次のとおりです。

  1. ブレーカーを上げる
  2. 漏電遮断器を「入」にする
  3. 配線用遮断器を「入」にするか、安全器の場合は蓋を閉める

これで電気を使えるようになりますが、もし使えないときはすぐに電力会社に連絡しましょう。新居に到着して電気がつかなかったら荷物の搬入もできませんし、つかないまま夜を迎えるわけにはいきません。

電気は生活に欠かせないものですから、新居で使えないようなことにならないためにも、引越しが決まったらすぐに電気の移転手続きを済ませましょう。

次の記事

「東京電力の引越し手続き」

前の記事

「水道の引越し手続き」

    
コメント