NHKの引越し手続き【新規契約・解約】

引越しのときに、NHKの受信料支払いはどのようにすればよいのでしょうか。その仕組みについて解説します。


受信料は1世帯カウント

NHKの受信料は1世帯について1契約というカウントを行うことになります。そのため、世帯数が変わらない場合は、住所変更の手続きを行うだけで良いことになっています。電話のほか、インターネット上で24時間行うことができます。

世帯数が減ったり、増えたりする場合にはその都度契約の増減が必要となります。まず世帯数が増える場合は、家族と暮らしていた人が独立してひとり暮らしを始める場合などが当てはまります。離婚した人間が1人暮らしをする場合も当てはまります。

世帯数が減る場合は、結婚して1つの世帯に住む、単身赴任を解消して家族と住むといったパターンが当てはまります。減った分の契約は解消することができます。

支払いを行わないとどうなる

現在は地上波デジタル放送がスタートしているので、受信料を支払わない場合は、テレビの画面に受信料が未払いである情報が表示されるようになっています。支払いを行えば、表示は消えるようになっています。

NHKの受信料契約は世帯数によって変わります。ひとり暮らしを始める場合は新たな契約が必要となります。逆に世帯に合流する場合は、契約を解消することができます。申し込みは電話およびインターネットで行うことができます。

次の記事

「引越しで住所変更が必要な手続き」

前の記事

「インターネットの引越し手続き」

    
コメント