引越しによる住民票移動の手続き

引越しにはさまざまな手続きがありますが住民票の移動もその1つです。ここでは住民票の移動手続きについて解説します。


どのタイミングで住民票の移動を行うべき?

住民票の移動は、役所へ行って手続きが必要となります。気になるのは住民票を移動するタイミングではないでしょうか。

制度として、住民票の移動は引越し前の自治体へ行き転出証明書をもらい、引越し先の自治体へ転入届を出すことで完了します。その間の期限は14日、つまり2週間位内となっています。その時のカウント方法は、引越しの翌日から14日となっています。土日などを含めて14日ですので注意しましょう。

引越しの前後に忙しくて処理を忘れてしまったといったことがないようにしましょう。ほかの手続きと異なりオンラインで行うことはできませんので、引越しの前後に時間を作っておく必要もあります。

住民票手続きに必要なもの

さらに住民票の移動の際には印鑑と、本人確認ができる身分証明書が必要となります。忘れずに持参するようにしましょう。身分証明書は、運転免許証やパスポート、住民基本台帳カード、保険証などを用いることができます。

引越しにともなう住民上の移動は、引越し前の自治体へ行き転出届を提出する必要があります。その際に発行される転出証明書を持って、新しい引越し先の自治体へ行き転入届けを出す必要があります。期限は14日以内となっています。手続きには本人を証明できる書類と印鑑が必要となります。

次の記事

「引越し時の車庫証明手続きについて」

前の記事

「簡単な手続きで1年有効! 引越しするなら郵便局の転送サービスを必ずしよう!」

    
コメント