引越し時の免許証手続き

引越しをしたならば運転免許証の住所変更を行う必要があります。免許証は身分証明書として何かと重宝するので、書き換えは早めに行っておくべきでしょう。ここでは引越し時の免許証の手続きについて説明します。


書き換えは最寄りの警察署で可能

運転免許証の書き換えは、各都道府県の運転免許試験場や、運転免許更新センターで行うことができます。しかし、場所によっては家から遠いため、行くのがおっくうである、時間がなかなか取れないという方もいるかもしれません。

そんな方に便利なのが最寄りの警察署での書き換えです。その場で書き換えができるためとても便利です。書き換えには現住所を証明できる書類が必要となります。住民票や、住基ネットのカード、保険証などを用いることができます。

保険証の書き換えにも別の処理が必要ですので、タイミングとしては自治体の役所で転入届を出した時に住民票をもらって警察署へ行くというのが良いかもしれません。

苗字が変わった場合は?

住所だけではなく結婚などで苗字が変わった場合はどうすれば良いのでしょうか?何か特別な手続きがいるかもと、考える人もいるかもしれません。しかし、氏名の変更も裏書きと呼ばれる免許証の後ろにあるメモのスペースに文字を刻むだけの処理で終わりますので、最寄りの警察署で手続きが可能です。

免許証の書き換えは都道府県の免許試験場や、免許センターのほか最寄りの警察署で処理が可能です。現住所を証明できる書類を持参する必要があります。住所だけではなく氏名に変更が生じた場合でも最寄りの警察署で書き換えが可能です。

次の記事

「引越し時の車検証の手続き」

前の記事

「引越し時の車庫証明手続きについて」

    
コメント