引越し時の車検証の手続き

車を保持している人は引越しをしたならば車庫証明とともに車検証の変更手続きが必要となります。ここでは引越し時の車検証の手続きについて解説します。


車検証の手続きは15日以内に

引越しで住所が変わったならば、住民票を移動した日から15日位内に、新住所の陸運局に届け出を行う必要があります。この15日というカウントは、土日を含むものですので注意が必要です。

手続きを行うことによって自動車税の納付先が変更となります。手続きを行わないままだと以前の住所に自動車税の請求が行くことになります。郵便物の転送手続きを行っていないと、自動車税が納付できず滞納してしまうことになりますので注意が必要です。

時間がなくて陸運局に行けないという人は、以前住んでいた自治体に連絡を行い自動車税請求書の送付先の変更だけはしておくにしましょう。

車検証手続きに必要な書類は?

次に手続きに必要となる書類について説明します。まず車検証が必要となります。さらに車庫証明書も必要となります。車庫証明は最寄りの警察署で発行してもらえますので、車検証の変更の前に車庫証明の変更手続きを行っておくと良いでしょう。

さらに新住所を記した住民票、印鑑も必要となります。陸運局でいくつかの書類を記す必要もあります。車の持ち主が自分のものではない場合や、代理人が申請する場合が委任状が必要となりますので注意が必要です。

引越し時の車検証の変更手続きは最寄りの陸運局で行うことができます。引越し後15日以内に行うのが原則となっています。車検証のほか車庫証明も必要となりますので、先に警察署で車庫証明の変更の手続きを行っておくと良いでしょう。さらに、新住所を証明する書類と印鑑も必要となります。

次の記事

「引越し時の国民健康保険料・社会保険の手続き方法」

前の記事

「引越し時の免許証手続き」

    
コメント