印鑑登録の引越し手続き

引越しには様々な手続きが必要となります。印鑑登録もその1つです。場合によっては悪用されてしまう危険などもありますので、確実に行っておきたい手続きとなります。ここでは印鑑登録の引越し手続きについて解説します。


印鑑登録の方法

印鑑登録は、最寄りの自治体の役所の窓口に届け出ることによって行うことができます。そのため、引越しを行って新しい自治体に届け出を行えば、元の自治体の登録は無効となります。

しかし、念のために前の自治体に廃止届の提出を行い、印鑑登録証の返却を行っておくと良いでしょう。

印鑑登録の処理は引越し後14日以内に行うことが原則となっています。引越し後のバタバタで忘れてしまったということがないように注意しましょう。

登録が不要な場合

同じ自治体の中で引越しを行った場合は、印鑑登録をし直す必要はありません。純粋に印鑑登録に登録された住所を変更するだけで処理は完了となります。こちらも最寄りの自治体の窓口へ行く必要があります。

一連の処理には本人以外が行く場合は委任状が必要となります。委任状があれば本人以外も処理が可能となりますので、遠くへ引越してしまって、なかなか行くことができないという場合には利用すると良いでしょう。

印鑑登録の引越し手続きには同一自治体内での移動の場合は住所変更だけで大丈夫です。それ以外の場合は改めて最寄りの自治体に、届け出を行う必要があります。処理は引越した日から14日以内に行う必要があります。委任状があれば代理人による登録も可能です。

次の記事

「バイクの引越し手続き」

前の記事

「引越し時の国民健康保険料・社会保険の手続き方法」

    
コメント