原付の引越しに必要な手続き

原付は通常のバイクと引越し手続きの方法が異なります。ここでは、スクーターなどの原付バイクの引越し手続きについて解説します。


手続きは市役所で行う

原付の引越し手続きで注意すべき点は、処理を行うのは陸運局ではなく最寄りの自治体の役所で行うことになります。

引越しを行う場合、最寄りの自治体へナンバープレートと、標識交付証明書、印鑑を持参して原付の廃車手続きを行う必要があります。そこで交付される廃車証明書を持って引越し先の自治体へ持参することになります。そこで新たなナンバープレートが交付されることになります。

手続きは確実に行おう

さらに原付自体に乗らないという場合にも廃車手続きが必要となります。手続きを行わないと、税金が毎年かかってしまうことになりますので注意が必要です。

その他、原付を誰かに譲渡する、買取業者に買い取ってもらうといった場合にも、廃車手続きは必要となりますので、確実に行うようにしましょう。

さらに、原付に加入が義務付けられている自賠責保険も変更が必要となります。ナンバープレートの変更が終わったのちに、保険業者に連絡するようにしましょう。

原付バイクの引越し手続きは陸運局ではなく最寄りの自治体の役所で行うことになります。引越し前の廃車手続きと、新しい自治体でのナンバープレートの交付手続きと2回の処理が必要となります。この処理を行ったあとは自賠責保険の変更手続きも行う必要があります。

次の記事

「自動車を引っ越しするときの手続き」

前の記事

「バイクの引越し手続き」

    
コメント