クレジットカード、保険、銀行の変更手続き

引越しにはさまざまな手続きが必要となります。特に金銭にかかわるクレジットカードや、保険、銀行といった手続きは迅速に行う必要があります。ここでは引越し時のクレジットカード、保険、銀行の変更手続きについて解説します。


クレジットカードの引越しについて

引越しを行ったならばクレジットカードの請求書の変更手続きを行うようにしましょう。この処理を行わないと請求書が以前の住所へ届いてしまうことになります。

住所の変更手続きはクレジットカード会社のカスタマーセンターで行うことができます。銀行の残高などをプッシュホンで入力して、本人確認を行うシステムなどが導入されていますので手元に通帳を用意しておくようにしましょう。

引越し前に郵便物の転送手続きを行っていれば、請求書は新しい住所に転送されるようになります。

保険の引越し手続きについて

保険の変更手続きは各保険会社に連絡する必要があります。電話口で対応ができるものと、窓口まで行く必要があるものに分かれますので各会社に問い合わせておきましょう。

窓口に行く場合は、新住所を証明する書類などが求められますので忘れずに持参するようにしましょう。

銀行の引越し手続きについて

銀行口座の変更手続きも電話口で行うことができます。本人確認のために銀行の預金通帳の残高などが求められることがありますので、手元に持っておくようにしましょう。

引越し時のクレジットカードの変更手続きは電話で行うことができます。保険も種類によっては電話で行うことができます。銀行も電話で行うことができます。いづれも本人確認のための個人情報を訊かれることがありますので、銀行の口座番号、残高や保険の登録番号などを控えておくようにしましょう。

次の記事

「引越し時の転校手続きについて」

前の記事

「自動車を引っ越しするときの手続き」

    
コメント