引越し時の転校手続きについて

家族連れの場合、引越しにともなって子どもの転校手続きが必要となります。ここでは小学校、中学校、高校に分けて引越し時の転校手続きについて解説します。基本的に公立校の場合を想定しています。私立校の場合は、転校、転入に際して個別に試験が課されることがほとんどですので注意が必要です。


小学校、中学校の場合

小学校と中学校の場合は、転校前に現在の学校の担任の先生を通じて転向する旨を連絡します。

その後、引越し前の学校から在学証明書および教科書給与証明書をもらうことになります。その後、引越し前の自治体に転出届を出し、新しい自治体に転入届を出し、通常の引越し処理を完了させます。

さらに、新しい自治体の教育委員会へ行き、転入する学校の指定を受けます。その場で、在学証明書を提示し、転入学通知書を受け取ることになります。

最後の作業として新しい学校へ、教育委員会から受け取った転入学通知書、および前の学校で受け取った在学通知書、教科書給与証明書の3つの書類を提出すれば処理は完了です。

高校の場合

高校生の場合は、転校に際しては公立高校においても転入試験が課せられるところがほとんどです。

内容は高校で行われている定期テストと同様のものですが、高校は学校ごとにレベルやカリキュラムが異なるので対策が必要となります。

さらには、そもそも転入を受け入れていないという場合もありますので、事前に問い合わせる必要があります。

公立小学校、中学校の場合は、引越し前の学校から書類を受け取り、引越し先の自治体の教育委員会での処理ののち、転校先の学校に書類を提出する必要があります。公立高校の場合は、転校、転入に際して試験が課せられることがあります。

次の記事

「引越しにかかる日数はどれくらい? 準備から引越し完了までのスケジュール」

前の記事

「クレジットカード、保険、銀行の変更手続き」

    
コメント