再建築不可を可能にするワザ

親の代より以前から住み続けてきたような古い家を相続してみたら、権利関係がかなり複雑だったり、あとになって施行された法律がネックになって簡単に手放せないことがわかったというケースは結構あるようです。それでも、やり方次第で売れる物件に変えることは決して不可能ではありません。

再建築不可物件とは

世の中には、現在ある建物を壊して新たな建物を立てることができない「再建築不可物件」というのが意外と多く点在します。建築基準法上の道路(幅員4メートル以上)に2メートル以上接していない物件がこれに該当します。細い路地の奥に建てられている家などは要注意です。

不動産会社が拒否する理由

再建築不可物件は、リフォームして住み続けるなら問題はありませんが、一度壊して立て直すことは法律違反となります。このため、不動産会社に売却を依頼しても、断られてしまうことがほとんどです。相場的にも、通常の10分の1程度でしか売れないため、手数料収入も少なく、うま味がないわけです。

解決のカギは近所付き合い

それでも、これを売却可能物件に転換する方法はあります。隣の家の人から、間口が2メートル以上になるよう不足分の土地を買い取るのです。そうなれば、法律に抵触することもなくなるというわけです。隣の人が交渉に応じてくれることが前提となりますが、うまくいけば本来の相場での売却が期待できます。そのためにも、日頃からご近所付き合いは良好にさせておくことが大事と言えます。

不可能を可能にする方法はひとつじゃない

隣の土地を買い取る以外にも、敷地の他の部分と等価交換したり、自分の宅地内に2m×2mの空地を作ったりといった方法も考えられます。いずれにせよ、地元の不動産会社に依頼した際、「再建築不可物件です」と言われたとしても、そこで諦めることはありません。一方で、再建築不可物件を再建築可能にする方法をどの業者も知っているわけでもありません。簡単に諦めることなく、再建築不可物件の事情に詳しい業者を探してみることをお勧めします。


参考書籍:田中裕治・著、小木正和・監修『売りたいのに売れない! 困った不動産を高く売る裏ワザ』(ぱる出版刊)