旅行・おでかけ

一度は行ってみたいおでかけスポットや旅行の情報を紹介しています。国内旅行、海外旅行、鉄道・電車、飛行機ネタなど外出したくなる情報が満載です!

  • アジアに出てみる選択肢

    バックパッカーというと、若者向けの旅行というイメージがあるかもしれません。固い安宿のベッド、バスや電車を使った安い交通移動、確かにそれらは、シニアよりも若者向けの内容のように思えます。しかし、とらえようによってはシニアでもそうした旅を楽しめるのではないか。そうした視点から書かれた本が下川裕治の『シニアひとり旅:バックパッカーのすすめ アジア編』(平凡社新書)です。

  • 気をつけたいタイの陸路入国制限

    長期の休みを利用して東南アジア周遊を考えている人は多いでしょう。学生はもちろん、転職活動の期間を利用してちょっと旅に出るといった人もいると思います。そんな東南アジア周遊の拠点となる場所は、タイのバンコクです。まずはバンコクへ飛び、そこから各所をめぐるというプランはオーソドックスですが、気をつけるべき点がひとつあります。それが陸路入国制限です。

  • シンガポールのホーカーズって?

    シンガポールにはホーカーズと呼ばれる場所があります。これは、屋台を一ヵ所に集めた場所で、屋根付きで日本のデパートなどにあるフードコートのようになっています。

  • 昔の旅行ガイドブックは貴重?

    旅行ガイドブックは最新版が毎年更新され、新しいものとして発売されています。古いものは用済みのものとされ、古書店などで投げ売り価格で売られています。しかし、考えようによっては昔の旅行ガイドブックには、貴重な情報が含まれています。

  • レイヴとは何か?

    90年代の後半から00年代のはじめにかけてレイヴがブームとなりました。レイヴとは、野外で音楽に乗せて自由に踊るパーティーやイベントのことです。レイブ会場は、海辺やあるいは山奥のキャンプ場など、自然と近しい場所でした。

  • 「豊かな青春、惨めな老後」とは?

    タイのバンコクの安宿にある落書きが残されていました。「豊かな青春、惨めな老後」なんとも、核心をついた一言です。さらにこの落書きには前段階があり「金の北米 女の南米耐えてアフリカ 歴史のアジア何もないのがヨーロッパ」とも書かれていたといわれています。これは言わずもがな、世界を飛び回るバックパッカーたちに向けた言葉でしょう。

  • オーストラリアに猫はいなかった?

    オーストラリア政府が、2020年までに200万匹の野良猫の殺処分を検討しているとして動物愛護の観点から批判があがっています。一方でオーストラリア政府は絶滅危惧種を守るために必要な措置であると主張しています。確かに、もともとオーストラリア大陸には猫は存在せず、人間が持ち込んだ「外来種」であり、害獣として扱われています。

  • 格安航空券のはじまりは?

    気軽な海外旅行をするにあたって欠かせないものが格安航空券です。航空券というのはもともと高いもの。正規の航空運賃を支払う場合、数十万円することもしばしばです。しかし、格安航空券ならば数万円で往復が可能です。そんな格安航空券にはどのような歴史があるのでしょうか。

  • 世界で三番目に高い山は?

    世界一高い山といえば、中動くとネパールにまたがるエベレストです。標高8848メートルです。エベレストとは、ネパール側の呼び名で、中国側ではチョモランマと呼ばれています。

  • 元祖日本人バックパッカーは誰?

    貧乏旅行は今も昔も、一定のはやりがあります。バックパッカー系の旅の代表的著作といえば沢木耕太郎の「深夜特急」シリーズでしょう。しかし、それより前にバックパッカー的な旅をしていた人がいます。それが小田実の「何でも見てやろう」(講談社文庫)です。

  • 神秘の国ミャンマーをプチ体験

    ミャンマーといえば、東南アジア最後のフロンティアといわれています。入国に関してビザが必要であり、さらに外国人の国内移動も制限が加えられていることもあって、気軽に訪れることができない国のひとつになっています。

  • インドネシア語なぜ簡単?

    インドネシア語は、世界一習得が簡単な言語といわれています。なぜ簡単なのでしょうか。

  • 肉食系男女交際のススメ!? 特大の愛に挑戦しよう

    デートといえば、一緒に遊ぶ、一緒に食べる… とにかく二人で楽しい時間を共有したいですよね。 特に、食事は二人の距離感をグッと近づける山場。 ファミレスや居酒屋でまったりもいいけれど、 まったく新しいカタチのワクワクグルメをご紹介します!

  • チケットはなぜ切り離し無効?

    コンサートのチケットは、切り離し無効と書かれています。これは、財布の中に入れており、雨に濡れて切れてしまったといった不可抗力の場合でも無効となるのでしょうか。

  • 富士山は日本中にある?

    先ごろ、世界遺産に登録された富士山は、日本を象徴する山となっています。富士山は、その名前の響きから「不死の山」とも呼ばれ、かぐや姫でおなじみの「竹取物語」のラストで、不老不死の薬を山で焼いたことから、この名前がつけられたともいわれています。

  • 北海道新幹線、札幌まで何時間?

    北海道新幹線は、現在、東京から新函館北斗の間を結んでいます。所要時間は4時間13分が現在のところ最速となっています。これは東京駅からの時間なので、最寄り駅からの時間、さらに新函館北斗駅は函館市内から離れていますから、どんなに早くても5~6時間はかかる計算となります。

  • 新幹線ひと駅分乗れる?

    新幹線といえば、東京や大阪をはじめとする大都市間を結ぶ路線と思われています。そのため、ひと駅分だけを新幹線に乗るといった使い方はあまりイメージがわきません。ですが、実際にはそうした使われ方をしている場所もあります。

  • トランジットとストップオーバー

    海外旅行へ行く際、トランジットやストップオーバーといった言葉が使われることがあります。これはどういう意味があるのでしょうか?

  • ヨーロッパ小国に空港は?

    ヨーロッパには面積の小さな国が多くあります。これらの国に国際空港はあるのでしょうか?

  • 人はなぜ旅をするのか

    人はなぜ旅をするのか、こうした問いには、それぞれの人の中に答えがあるといえるでしょう。確かな答えがないからこそ、旅をするともいえます。

1 / 15 1 2 3 4 5 最後 »