旅行・おでかけ

一度は行ってみたいおでかけスポットや旅行の情報を紹介しています。国内旅行、海外旅行、鉄道・電車、飛行機ネタなど外出したくなる情報が満載です!

  • ノルウェーなぜEU非加盟?

    EU加盟国を見てみると、北欧3ヵ国と呼ばれる国ではスウェーデンとフィンランドが加盟していますが、スカンジナビア半島の一番海側にあるノルウェーは非加盟となっています。これはなぜなのでしょうか。

  • タイ語のビジネスフレーズを知る

    タイは、日本人に人気の観光地のひとつです。それと同時に、多くの日系企業が進出しビジネスが盛んに行われています。タイ語の会話集は、観光に特化したものが多くあります。そうした中で、ありそうでなかったのが吉田英人とルンアルン・パッタナタネスによる『タイ語ビジネス会話フレーズ辞典』(三修社)です。

  • 片道航空券なぜダメ?

    海外旅行をする時に、渡航先によっては片道航空券の使用が不可となっているところがあります。このように航空券というのは往復での購入が基本的にセットとなっていますが、これはなぜなのでしょうか。

  • 機中泊のメリット、デメリットは?

    海外旅行のパッケージツアーの案内を見ていると、6泊8日、9泊11日といった少し違和感を感じる表現があります。通常ならば6泊7日、9泊10日となるところですが、なぜ1日増えているのでしょうか。

  • 海外の飛行機、荷物の制限は?

    海外旅行へ行った時、帰り際におみやげをたくさん買い込んで荷物が多くなってしまうことがあります。飛行機において、お土産をはじめとした荷物は果たして何キロまで持ち帰れるのでしょうか。

  • 旅のオススメ本(香港編)

    旅にはゆっくりとした時間があります。飛行機の待ち時間、バスの待ち時間、あるいは安宿のベッドの上などでふっと文庫本を広げるのも良いものです。

  • マクマホンラインとは何か?

    地図帳を眺めていると、インドと中国の間に点線が引かれた場所があります。インドの北東部、さらに中国ではチベットと隣接する場所です。このラインはマクマホンラインと呼ばれています。

  • ブータンの言語事情は?

    ブータン王国は、周辺を山に囲まれた国家です。2011年に来日した若き国王の姿が記憶にある人も多いでしょう。

  • ディープなベトナム旅を楽しむ

    東南アジアの人気の観光地といえば、タイでしょう。さらに、隣り合うラオスやカンボジアにもついでに足を伸ばすという人が多いようです。そこで、つい忘れられがちなのがベトナムではないでしょうか。

  • 世界初の海底駅は日本にあった?

    変わった場所にある鉄道駅は多いですが、かつて日本には海底駅と呼ばれるものがありました。本州と北海道を結ぶ青函トンネル内に設けられた竜飛海底駅と吉岡海底駅です。

  • 世界一周はしやすい?

    世界一周旅行は誰もが憧れる夢のひとつでしょう。しかしながら、そんな時間もお金もないという人がほとんどです。しかし、それはひとつの言い訳といえるかもしれません。世界一周は誰でも簡単に今すぐはじめられるものだと気づかせてくれるのが木棚照一、木棚まり子による『誰もが行ける80日間世界一周旅行』(東京図書出版)という本です。

  • 人はなぜ「深セン」に感動してしまうのか?

    26歳の若いライターが中国の深センを訪れ、その経済発展の規模に感動し、日本が完敗したと宣言する記事が話題となりました。この著者に限らず、中国の経済発展を礼賛し、対して日本の経済成長の滞りなどを引き合いに出して「だから日本はダメなのだ」と結論づける本や記事を多く目にします。人はなぜ深センに感動してしまうのでしょうか。

  • 外務省の海外安全ホームページとは?

    海外旅行をするにあたってチェックしておきたいサイトが、外務省の海外安全ホームページです。

  • ビザのシングルとマルチって?

    海外旅行をするにあたって、査証であるビザが必要な国があります。それぞれの国のビザは、シングルやマルチといった設定がなされています。これは何を意味するものなのでしょうか。

  • 温泉の世界を知る

    温泉に関するガイドブックは多く存在していますが、温泉の文化史や、温泉の効能といったミクロな部分はなかなかフォローされていません。そんな温泉にまつわるトピックを一冊にまとめた便利な本が松田忠徳による『温泉手帳 増補改訂版』(東京書籍)です。

  • 雑誌「TRANSIT」の魅力

    旅行をテーマとするカルチャー雑誌といってまず思い浮かべるものは「TRANSIT」(講談社)ではないでしょうか。旅行雑誌の概念を変えた雑誌ともいえる「TRANSIT」は、そもそも何が新しかったのでしょうか。

  • 冬の台湾は寒い?

    台湾は、日本から近いということもあり、人気の旅行先のひとつです。東京からだとおよそ4時間でアクセスすることができます。

  • アジアの秘境、北センチネル島とは?

    地球上には人類の誰もが足を踏み入れたことがない場所、いわゆる秘境は存在しないものと思われがちです。そんな秘境が実はアジアに存在すると聞いたら驚くのではないでしょうか。

  • 金子光晴と旅

    金子光晴と旅は切っても切れない関係であるといえるでしょう。金子光晴の代表作は『マレー蘭印紀行』にはじまり、晩年に執筆された『どくろ杯』など、名作が数多くあります。

  • 狂犬病撲滅地域は少ない?

    狂犬病は、感染するとほぼ100%の確率で死に至る恐ろしい病気です。狂犬病は、狂犬病ウイルスを保持した犬に噛まれることで発症します。現在はワクチンが開発されていますので、事前に予防接種を受けるか、噛まれたあとに適切な処置を受ければ発症に至ることはありません。

1 / 16 1 2 3 4 5 最後 »