日本のパスポートは何種類?

海外旅行に必要なものとしてパスポートがあります。このパスポートにはいくつ種類があるのでしょうか。一般的にイメージされるパスポートは赤い表紙の10年もののパスポートと、紺色の表紙の5年もののパスポートでしょう。この2つのパスポートは有効年度が違うだけで、総じて一般旅券と呼ばれています。


そのほかのパスポートは?

赤色と紺色の一般旅券以外にも日本にはパスポートが存在します。そのひとつが公用旅券です。これは、国会議員や特別職にある国家公務員などに発行される旅券で、緑色の表紙のものです。海外青年協力隊の隊員などにも支給されるので見たことがある人も多いのではないでしょうか。この旅券は赴任先へ向かう時と帰国する時のみ有効な一時旅券となっています。ただ、現地の治安や情勢の悪化などを考えて周辺国への移動などもできるようになっています。

外交旅券

もうひとつのパスポートが外交旅券です。皇族や、三権の長と呼ばれる内閣総理大臣、衆議院議長、参議院議長、最高裁難所長官、特命全権大使、外交官に交付される旅券で、濃い茶色の表紙をしています。

緊急旅券もある

さらに、海外にいる時にパスポートの盗難や紛失などの被害に遭遇し、なおかつ帰国までの時間がない人間には緊急旅券が発行されています。このように、日本のパスポートには一般旅券、公用旅券、外交旅券、緊急旅券の4種類があるのです。

    
コメント