飛行機のエコノミーシートで快適に過ごす方法

アメリカにおいてエコノミークラスの乗客同士のトラブルで飛行機が緊急着陸する事態が相次いでいます。リクライニングを倒したことによる乗客同士の喧嘩腰の対応が頻発しているようです。エコノミークラスはとても狭く長時間のフライトには向きません。ただしアメリカ国内は日本の25倍の国土を持ち、新幹線に乗るような感覚で飛行機が利用されます。


1. 通路側の席を確保する

エコノミークラスの場合トイレに立とうと思ったら、隣の人に一端立ってもらわなければ動けません。隣の人が寝ている場合や、機内食が配られている場合などは、動いてもらうのは大変です。トイレが近い人は、迷わず通路側の席を確保しましょう。

2. 前に座席がないシートを確保する

飛行機の中には前に座席が配置されていないシートがあります。一番前の席は足を伸ばせるので楽ちんです。その他、乗務員用の椅子の後ろにあるシートも前に座席がありません。

3. 首周りをガードする

飛行機グッズとして首周りを覆うグッズがあります。これにより座った姿勢のまま快適に眠ることができます。これがないと、眠気に応じてカクカクと頭を動かすことになってしまい、場合によっては首を痛めてしまうこともあります。

4. 隣に人がいないシートを確保、移動

満席の場合は仕方ありませんが、路線によってはガラガラといったところもあります。そういった場合は、座席を確保する時に隣に人が居ないシートを指定したり、乗った時に移動すると良いでしょう。席の移動は早い者勝ちですので急ぎましょう。

「空港・飛行機情報トリビア」の詳細を調べる

    
コメント