高カロリー? 機内食都市伝説

海外旅行で飛行機に乗るという人もいるでしょう。飛行機の楽しみといえば、機内食かもしれません。よく○○航空の機内食はひどい、あるいは○○航空のはおいしいといった話も出されます。機内食は各国のお国柄が出ることでも知られます。我が日本の、JALでは、路線によって機内食の小鉢に「そば」が出ることでも知られています。そんな機内食にはある都市伝説があります。それは、事故に遭遇した時のために高カロリーに設定されているというものです。これは本当でしょうか?


真偽はあやふや

機内食はいざ緊急時に遭難した時のために、高カロリーに設定されているという話の真偽は実のところよくわかっていません。しかし内容を細かく見ていけば実際に高カロリーな内容になっています。さらに機内食の前にナッツ類が配られることもあります。これも高カロリー食品の代表格です。

内容を見てみる

機内食は量が少ない割に、満足いく内容にするように、濃い目の味付けがなされています。さらに、メインとなるものは、ごはんか、麺類になっています。さらにほとんどの航空機会社では、メインディッシュに加えて、パンが配られます。さらにパンに塗るためのバターマーガリンとジャムも付属しています。これだけのラインナップも見てみれば、炭水化物と高カロリーな食物が集まっています。これは少ない品目でお腹にたまるようなものがそろっているということができるでしょう。

ほかの理由は?

さらに意地悪な味方をすれば、原価の安い炭水化物を使っていると見ることもできるかもしれません。さらに機内食というのは、どこかほかの場所で作ったものを、機内に持ち込んでいます。さらに飛行機の機内とはとても乾燥していますので、食材が傷んだり味が落ちてしまったりすることもあるでしょう。そうした時に味を保ったままにできるということになるならば、濃い目の味付けの炭水化物というのが消去法で残ると見ることもできるでしょう。

飛行機の機内食は緊急時にそなえて高カロリーに設定されているという話の真偽はあやふやです。しかし内容を実際に見ていくと高カロリーなものです。その理由を探っていくと、狭い飛行機で必要最低限の満足のものをリーズナブルに提供するという考え方を突き詰めると、必然的にこの内容になったのだとわかります。

「糖質制限ダイエットに役立つ基本情報まとめ」の詳細を調べる

    
コメント