飛行機座席、窓派、通路派?

飛行機の座席において窓か通路かは2択と言えます。もうひとつ窓でも通路でもない真ん中の座席もあります。それぞれの座席にはメリットとデメリットがあると言えるでしょう。

窓側のメリット、デメリットは?

窓側の座席のメリットといえばなんといっても景色が見られることでしょう。日本や世界各地の絶景を空から眺められるのはひとつの特権であると言えます。さらには、方向によっては朝日や夕日を眺めることもできますね。上空から眺めるこれらの景色はまた格別です。さらに、もうひとつのメリットとしては、窓側に体をもたれかかるようにして眠ることができる点もあげられます。長距離や深夜の移動などにおいてこの体勢が取れるのは重宝するでしょう。ただデメリットとしては、トイレなどに立つ場合には、通路側の人に動いてもらわなければいけないといったものがありますね。

通路側のメリット、デメリットは?

それでは通路側のメリット、デメリットはどういったものがあるでしょうか。まずメリットとしてはトイレに自由に立てるということですね。窓側の場合は隣の人が寝ている場合などには起きてもらう必要がありますが、通路側はそうしたことはありません。その点においては自由なタイミングで動けるのは良いでしょう。一方のデメリットとしては、窓側の人の動きにあわせて自分も動かなければいけない。さらに、通路を通る人やスタッフの動きもすぐそばで知覚するのであわただしいというのがあります。