バックパッカーと猿岩石現象とは?

現在、有吉弘行さんは毎日テレビで見ない日はないという人気芸人になっています。かつては猿岩石というコンビで活躍していました。猿岩石は、香港からロンドンまでヒッチハイクで旅をするというテレビ番組企画でブレイクしました。


すべてヒッチハイク

猿岩石は、旅行の行程をすべてヒッチハイクで行います。これは船にも当てはまるもので、ラオスとタイの国境には橋がかかっていないので、渡し船にタダで乗せてもらうまで粘っていました。さらに現地でお金が尽きたならば、飛び込みでどこかで働かせてもらい、お金を稼ぎながらロンドンを目指すというものがありました。インドではお寺に修行に入るということもありました。

真似する若者が続出

猿岩石のヒッチハイク旅行は大人気企画となり、それを真に受けて着の身着のまま旅にでてしまう若者も続出しました。お金が尽きたら現地でバイトをして暮らせばいいやという思いもあったようです。しかしながら、観光ビザで入った国で就労を行えば不法就労ということになってしまいます。もちろん現地の言葉はおろか、英語もままならない若者がアジア各地に旅立って行くという現象がありました。

この背景には日本円が圧倒的に強く現地の物価が安かったということと、あるいはバブルはとっくに崩壊していたものの、まだその余韻というべきものが残っていたため、就職しなくても生きていけるというお気楽な90年代の文化が横たわっていたとも言えるかもしれません。

「タイの旅行・観光情報」の詳細を調べる

    
コメント