中国旅行の究極のコミュニケーションとは?

海外旅行で中国を旅する時に困るのが英語の通用度です。日本人も誇れるものではありませんが、中国人も英語が喋れない人が多いというのが筆者の印象です。もちろん上海などの都市部では英語を喋れる人は多いですし、香港ならば英語が公用語となっているので喋れる人が多いです。しかし、少しでも都市部を出ると英語は全く通用しなくなります。そんな時に役立つのが漢字の筆記によるコミュニケーションです。


英語が通じなければ漢字を

中国の旅先で英語が通じない。そんな場合には漢字を書くことでコミュニケーションを成立させることができます。

しかし気をつけなければいけないのは中国漢字と日本漢字は異なるということです。中国では画数の多い漢字を簡略化する「簡体字」が普及しています。元の字とは似ても似つかないものになっている場合もあるため、注意が必要です。日本漢字をそのまま書いても相手はわかってくれません。その対応策としては、街角の看板や食堂のメニューなどを眺めて、日本漢字に対応する中国漢字を把握しておくと良いでしょう。

繁体字は便利

さらに、香港やマカオやその周辺の広東語が話される地域は、簡体字を用いずに昔ながらの画数の多い繁体字が用いられています。台湾でも同様です。

繁体字は日本の旧字に近いので、見た目で理解することも可能です。

タブレットやスマホを持参していれば、繁体字を出すことができますので、コミュニケーションが取りやすいかもしれません。

といっても、ここまで来るとWi-Fiが繋がれば翻訳サイトを用いればいい、ということにもなるのですが、文字を書くというアナログなコミュニケーションも面白いものです。

「旅行・おでかけ情報」の詳細を調べる

    
コメント