北海道は朝が超早い?

夏は日の出が早くなります。なかでも夏至は1年のうちでもっとも昼間の時間が長くなる日です。日本でもっとも日の出が早いのは、東にある北海道です。逆にもっとも遅いのは西にある沖縄県です。北海道の日の出はどのくらい早いのでしょうか?


日の出はなんと3時半

北海道の一番東にある納沙布岬の日の出の時間はなんと午前3時半です。これは太陽が海の上に出る時間帯ですから、当然空が明るくなるのは1時間以上前でしょう。午前2時すぎには、ぼんやりと空が明るくなると言えるでしょう。とてつもなく早いことがわかります。さらに日の入りも19時頃ですから、実に15時間半にわたって昼間の時間帯が継続していることになります。

沖縄県は?

対して夏至のシーズンの沖縄県の日の出は午前5時半頃です。北海道から沖縄まで実に2時間以上の日の出のギャップがあるのです。日本列島がどれだけ東西に広いものかおわかりでしょう。

北方領土、千島列島の先は?

さらに、東に目をむければ、北方領土から千島列島の先端まで、第二次世界大戦終結までは日本の領土でした。当然、日の出はさらに早くなります。午前3時には日が出ているといったとこもあるでしょう。そうなると、空が明るくなり始めるのは、日付が変わった12時、1時くらいということになるのかもしれません。これがさらに北へ向かうと、太陽が沈まず一晩中明るくなる「白夜」が出現することになります。ロマンチックなイメージのある白夜ですが、北海道でも夏場のシーズンはほとんど白夜のような世界が広がっていると言えるかもしれません。

北海道は朝が早いといわれます。実際、夏至のシーズンは、日本の最東端にある納沙布岬では午前3時半に日の出を迎えます。当然、2時半頃には空が明るくなるでしょう。沖縄とは実に2時間以上の差があることになり、日本列島の東西の幅広さが知れます。

「旅行・お出かけ情報の雑学集」の詳細を調べる

    
コメント