東京ディズニーランドの秘密

東京ディズニーランドは日本を代表とするレジャー施設であると言えるでしょう。その中でもっとも高い建物はタワー・オブ・テラーの59メートル。さらに中心にそびえ立つシンデレラ城の高さは51メートルです。なぜこのような中途半端な数字を持っているのでしょうか?


景観を優先

ディズニーランドの建物の高さが59メートルなのは航空法との兼ね合いがあります。高い建物を作る場合、夜は光を点滅させる必要があります。そうしないと航空機の衝突などの事故をまねきかねないためです。

新宿の高層ビル群の夜景ならば、点滅する赤い光もロマンチックなものとなるでしょうが、ディズニーランドは夢の国、魔法の国でありますので、現実感たっぷりの赤いランプは不釣り合いです。

ディズニーランドで働く従業員はキャストと呼ばれています。これはドラマや演劇などの出演者を現すCASTと同じ意味です。ディズニーランドという夢の空間を演じている人物、という意味が込められているのです。

59メートルという数字は、赤いランプを点滅させなくて良いギリギリの数値なのです。

スカイツリーの高さの秘密

さらに建物の高さで言えば、東京スカイツリーの高さは634メートルとなっています。

これはなぜかと言えば、東京都一帯の旧国名である武蔵にかけて、634となっているのです。武蔵国は現在の東京都とともに埼玉県の大部分を含むものでした。関東一帯を望むことのできる東京スカイツリーにふさわしい高さではないでしょうか。

「旅行・お出かけ情報」の詳細を調べる

    
コメント