富士登山は何キロ歩く?

富士山は日本一の山です。現在、富士山は五合目までは車で行けるようになっています。修学旅行などで、その場所まで行ったという人もいるのではないでしょうか。富士山の登山を目指す場合、五合目から登り始めるという場合が多いです。


標高はいくつ?

五合目の標高はどのくらいかといえば、もっとも高い位置にある富士宮口はおよそ2390メートルです。さらに反対側の山梨県側の吉田口(河口湖口)は、2305メートルです。富士山の標高は3776メートルですから、およそ1300~1400メートルほどをのぼることになります。距離にして、1.3キロです。これならば余裕かと思うかもしれませんが、山をなめてはいけません。

登山道はジグザグ

実際にのぼればわかることですが、富士山というのは、美しい概観に比して、現地は岩だらけのゴツゴツとした岩盤が続きます。踏みしめるととても歩きづらいものです。さらに、登山道はそのまままっすぐにのぼれるわけではりません。ジグザグに登っていく形をとります。そのため、累計の距離は富士宮口がおよそ9キロ、吉田口では14キロもあります。距離が短い方がいいと思うかもしれませんが、頂上付近に向けては急な傾斜が続くので、かなりヘヴィーなコースです。富士宮口に限らず、どの登山道でもずっと坂道が続いていくことになります。階段を延々と登り続けるさまをイメージすると、そのきつさがわかるかもしれません。

「火山の定義とは?」の詳細を調べる

    
コメント