アクアラインの最初の通行料金はいくら?

ゴールデンウイークなどのお気軽なおでかけに東京湾アクアラインを利用する人は多いかもしれません。なにせ、ETCを利用すれば片道800円という格安の値段で利用することができます。そのため休日の午後などは、行楽帰りの車で渋滞が発生するほどになりました。


最初の値段は5,050円

しかし、当初アクアラインの通行量は片道5,050円という値段でした。そのため、一般の利用者はおろか、物資などを運搬するトラックなども利用を敬遠したためガラガラ状態となってしまいました。

片道5,050円なのですから往復では1万円を超えてしまいます。これは普通車の値段ですから観光バスなどはさらに値段が高くなってしまいます。これではお気楽な観光というわけにはいきません。

そのため、利用料金が4,000円から断続的に下げられてゆき、現在は片道800円の利用ができるようになっているのです。

減価償却はいつ?

しかし東京湾アクアラインは総工費に約1.5兆円という途方もない値段がかけられています。

アクアラインの構造は5キロの橋梁部と、海ほたるを挟んで10キロのトンネル部という構造になっています。約15キロの道のりを総工費で割ると、1キロあたり1500億円の値段がかけられていることになります。

ざっと割っただけでも1メートルにつき1億円以上はかかっている計算になります。

これだけの大プロジェクトの元を800円の通行費で回収するというのは至難の技と言えるでしょう。

「旅行・お出かけルンルンルン」の詳細を調べる

    
コメント