コリアンタウンだけじゃない大久保

新宿区の大久保では、韓国料理店や、韓流スターのグッズを取り扱う店が立ち並んでいます。韓流グッズは、ブロマイド、ノート、もこもこシールといった乙女ちっくなグッズから、愛のささやきをハングルで練習する学習ノートまで幅広い品ぞろえです。


コリアンタウンだけじゃない

大久保一帯は日本語よりもハングルの看板が立ち並ぶコリアンタウンという印象も強いかもしれません。しかし、それ以外の顔もあります。

山手線の新大久保駅ではない、総武・中央線の大久保駅周辺には、コリアンタウン以外の顔があります。

あたり一帯にはタイなどの東南アジア、インドなどの南アジア、さらにイラン、トルコの西アジア中東地域のスパイスや、食材を扱う店が立ち並びます。

現在、日本ではB級グルメとして定着したトルコのケバブの店もあります。その場で食べることができるので、臨場感満載です。

さらに貸しビルの中には、イスラム教徒のためのモスクもあるようです。

古い新宿の空気も

さらに、大久保から新宿駅方面の百人町や北新宿といった町並みには、路地裏に入ると古びた木造アパートなどが目に入ります。

往年の新宿の空気が感じ取れます。ベルボトムに長髪の若者の姿が似合うような風景です。少し歩ければ西新宿のレコードショップもあります。新宿の町並みがめまぐるしく変わる中で、懐かしの景色がいまだに残っているのが大久保一帯であるとも言えるかもしれません。

    
コメント