東海道本線の無人駅?

東海道本線は東京と神戸を結ぶ、大動脈です。ですが、この路線には無人駅が存在します。神奈川県小田原市にある根府川駅がそれです。


なぜ無人駅?

根府川駅は東京方面から向かった場合、真鶴駅の次の駅となります。管理は真鶴駅が行っています。東海道本線の中では唯一の終日無人駅となっています。なぜ無人駅なのかといえば、乗降人数の少なさがあげられるでしょう。一日の平均乗降客数は、600人ほどしかいません。これは、やはり東海道本線の中では少ない人数だといえるでしょう。

東京へのアクセスは?

根府川駅は東京駅からの距離はおよそ90キロ離れています。小田原の先にありますから、さすがに通勤圏とはいえないかもしれません。熱海まで伸びる湘南新宿ラインは通過してしまいます。ですが上野東京ラインは停車しますから、時間帯によっては東京や上野などの都心まで一本で出られます。無人駅といってもスイカなどに対応した自動改札機は設置されています。

オーシャンビューも

さらに根府川駅のホームからは、見事なオーシャンビューがのぞめます。このあたりは海沿いまで山がせり出しているので鉄道、道路ともにすぐそばに海がせまっている風光明媚な場所です。場合にとっては東京から一本で行ける場所ですから、機会があれば訪れて見るのも良いのではないでしょうか。

「電車好きにおすすめのトリビア情報」の詳細を調べる

    
コメント