横須賀線なぜ遠回り?

東京駅から横浜方面へ向かう主要なJR路線としては東海道線と横須賀線があります。東海道線は東京駅の地上ホームを出ますが横須賀線は地下ホームです。さらに横須賀線は、千葉方面へ向かう総武線とつながっています。

横須賀線なぜ遠回り?

横須賀線は東京駅から新橋駅を経由して品川駅に出るまでに地上区間に出ます。その後、東海道線と分岐するように、西大井、新川崎、武蔵小杉を経由して横浜駅へ至ります。その後、大船駅までは横須賀線と東海道線は並行するように走ります。ここでひとつの疑問が浮かぶのではないでしょうか? 横須賀線は、だいぶ遠回りをしているようにも見えます。これはなぜそうなったのでしょうか。

輸送力が限界のため

もともと、東海道線と横須賀線は、同じ路線を走っていました。ですが、輸送力が限界となったために、横須賀線を品川から先に地下化し、総武線と快速直通運転を行うようになります。さらに、東京と横浜の間も、もともと貨物線として使われていた路線を経由して移動するようになりました。新川崎駅は、いくつもの線路の引き込み線がありますが、これはもともと貨物線であり、現在も貨物輸送を行っているためです。さらに、遠回り区間にある西大井駅、武蔵小杉駅はもともとは存在せずあとから作られました。