海外旅行情報

海外旅行・お出かけ情報を紹介しています。

  • 海外から荷物を送るには?

    海外旅行をしていてついお土産を買いすぎてしまい、日本へ持って帰るのが重くてつらいという経験は誰しもあるでしょう。そんな時に役立つのが、海外から荷物を送る方法です。

  • ユーラシア大陸最南端はどこ?

    ユーラシア大陸はアジア大陸とヨーロッパ大陸をひとくくりにした呼称で、世界で最大の大陸です。大陸であるため、国際情勢などを無視すれば、すべて陸路で移動することができます。

  • マレーシア旅行と宿泊税

    マレーシアは、年間を通して気候がおだやかで治安も比較的良いため、東南アジアの中では人気の旅行地の一つです。物価も日本に比べれば半額から三分の一程度と格安なのも嬉しい点なのではないでしょうか。

  • ドミトリーとは何か?

    海外旅行をする上で、宿代は大きな出費のひとつです。もちろん、エレガントな旅を求めるならば一泊1万円のホテルでも良いでしょう。日本に比べて物価の安い国へ旅行すれば、1万円を出すだけでとても豪華な旅ができます。一方で、長期間の旅行などで貧乏旅行スタイルを選ぶ場合には、安宿探しは大きなポイントとなります。

  • 西インド諸島の由来は?

    西インド諸島と呼ばれる場所があります。南北アメリカ大陸に挟まれるように大小のさまざまな島が連なる地域です。これらの地域はインドとは遠く離れていますが、なぜ西インド諸島と呼ばれているのでしょうか。

  • アジアに出てみる選択肢

    バックパッカーというと、若者向けの旅行というイメージがあるかもしれません。固い安宿のベッド、バスや電車を使った安い交通移動、確かにそれらは、シニアよりも若者向けの内容のように思えます。しかし、とらえようによってはシニアでもそうした旅を楽しめるのではないか。そうした視点から書かれた本が下川裕治の『シニアひとり旅:バックパッカーのすすめ アジア編』(平凡社新書)です。

  • 気をつけたいタイの陸路入国制限

    長期の休みを利用して東南アジア周遊を考えている人は多いでしょう。学生はもちろん、転職活動の期間を利用してちょっと旅に出るといった人もいると思います。そんな東南アジア周遊の拠点となる場所は、タイのバンコクです。まずはバンコクへ飛び、そこから各所をめぐるというプランはオーソドックスですが、気をつけるべき点がひとつあります。それが陸路入国制限です。

  • シンガポールのホーカーズって?

    シンガポールにはホーカーズと呼ばれる場所があります。これは、屋台を一ヵ所に集めた場所で、屋根付きで日本のデパートなどにあるフードコートのようになっています。

  • 「豊かな青春、惨めな老後」とは?

    タイのバンコクの安宿にある落書きが残されていました。「豊かな青春、惨めな老後」なんとも、核心をついた一言です。さらにこの落書きには前段階があり「金の北米 女の南米耐えてアフリカ 歴史のアジア何もないのがヨーロッパ」とも書かれていたといわれています。これは言わずもがな、世界を飛び回るバックパッカーたちに向けた言葉でしょう。

  • オーストラリアに猫はいなかった?

    オーストラリア政府が、2020年までに200万匹の野良猫の殺処分を検討しているとして動物愛護の観点から批判があがっています。一方でオーストラリア政府は絶滅危惧種を守るために必要な措置であると主張しています。確かに、もともとオーストラリア大陸には猫は存在せず、人間が持ち込んだ「外来種」であり、害獣として扱われています。

  • 元祖日本人バックパッカーは誰?

    貧乏旅行は今も昔も、一定のはやりがあります。バックパッカー系の旅の代表的著作といえば沢木耕太郎の「深夜特急」シリーズでしょう。しかし、それより前にバックパッカー的な旅をしていた人がいます。それが小田実の「何でも見てやろう」(講談社文庫)です。

  • 神秘の国ミャンマーをプチ体験

    ミャンマーといえば、東南アジア最後のフロンティアといわれています。入国に関してビザが必要であり、さらに外国人の国内移動も制限が加えられていることもあって、気軽に訪れることができない国のひとつになっています。

  • インドネシア語なぜ簡単?

    インドネシア語は、世界一習得が簡単な言語といわれています。なぜ簡単なのでしょうか。

  • タイで寝台列車に乗ろう

    寝ている間に目的地に到着できる寝台列車は旅情をさそう乗り物です。線路を進むトコトコという振動が心地よい眠りへといざないます。日本でもかつては都市部と各地を結ぶ寝台列車、いわゆるブルートレインが走っていましたが、現在は一部の臨時列車をのぞいて運行はされていません。

  • トランジットとストップオーバー

    海外旅行へ行く際、トランジットやストップオーバーといった言葉が使われることがあります。これはどういう意味があるのでしょうか?

  • ヨーロッパ小国に空港は?

    ヨーロッパには面積の小さな国が多くあります。これらの国に国際空港はあるのでしょうか?

  • マカオの4つの顔

    マカオは、もともとポルトガルの植民地でしたが、1999年に中国に返還され、現在は香港と並び中国の特別行政区となっています。マカオには場所ごとに4つの顔があるといえます。

  • 香港カーブとは何か?

    ある世代以上の人間にとって香港のイメージは、ビルの地上スレスレを飛行機が飛ぶ姿ではないでしょうか。これは香港のわいざつなイメージを現しているものとして、映画などにも使われています。香港のもうひとつの名物といえば横に大きく伸びた看板です。これは、航空機の衝突事故をさけるためにそうなったという説もあります。

  • シベリア鉄道の国際列車

    シベリア鉄道はロシア国内を東西に走る鉄道です。総距離はおよそ1万キロにおよび、世界一長い鉄道として知られています。このシベリア鉄道には多くの国際列車が走っています。

  • 海外旅行はマニュアル?自己流?

    海外旅行をするにあたって、そのスタイルの選び方は悩みどころです。ガイドブックの通りに動くと、どこへいっても日本人がいますし、さらに観光地価格となります。一方でガイドブックを一歩外れると、とたんに現地の人の暮らしが見えるようなところがあります。ですが、観光客が踏み入れない場所は治安の問題なども生じますので、どちらを選ぶかはその人次第でしょう。

1 / 10 1 2 3 4 5 最後 »