海外旅行での空港価格の注意点

海外旅行の魅力は様々です。1つは物価の安い国へ行くというのもあるのではないでしょうか。安くておいしい食べ物が沢山あって、お腹いっぱいになれるのは嬉しいものです。ただし、海外旅行の食事で注意すべき点があります。


空港の食事は高い

旅行の初日や最終日などに空港で何か食事を取ろうという人もいるかもしれません。しかし物価の安い国であっても空港の相場は異なります。

特に、入国審査を終える前と、出国審査を終えたあとのトランジットエリアの物価は、現地価格の3倍から5倍の値段がかかる場合があります。これは、あらゆる飲み物と食べ物に当てはまりますので注意が必要です。

例えば空港のトランジットエリア内にあるハンバーガーショップなどは、ハンバーガーとドリンクとフライドポテトがついたセットで500円ほどかかることもあります。これならば日本の物価とあまり変わらないものになってしまいます。

衛生面の問題は心配ないでしょうが、その分味気ない気分になってしまうというのも正直なところです。時間に余裕がある場合は、行きは空港を出たあと、帰りは空港に到着する前に食事などは済ませておくと良いかもしれません。

飲み物の注意点

さらに、帰国時の注意点としては飲み物をトランジットエリア内に持ち込めないという制限があります。せっかく買ったものでも手荷物検査の時に没収されてしまいますので、飲み物は出国審査の前に飲み切ってしまいましょう。

次の記事

「海外旅行の経由便活用法」

前の記事

「海外旅行での市内バス移動の方法」

    
コメント