気をつけたいタイの陸路入国制限

長期の休みを利用して東南アジア周遊を考えている人は多いでしょう。学生はもちろん、転職活動の期間を利用してちょっと旅に出るといった人もいると思います。そんな東南アジア周遊の拠点となる場所は、タイのバンコクです。まずはバンコクへ飛び、そこから各所をめぐるというプランはオーソドックスですが、気をつけるべき点がひとつあります。それが陸路入国制限です。


タイの陸路入国制限は?

現在、タイへノービザで入国した場合、30日間の滞在許可が与えられます。以前ならば1日でも外国に出て戻ってくれば、再び30日の滞在許可が与えられました。この行為はビザランと呼ばれます。しかしビザランを繰り返しタイに滞在する外国人を排除するため、陸路での入国制限が1年間を通して2回までに制限されるようになったのです。

注意すべきプランは?

例えば、バンコクからカンボジアのアンコールワットがあるシェムリアップまでバスで移動して戻ってきた場合、陸路を通過することになります。その後、寝台列車や飛行機でタイ北部のノンカイから、ラオスのビエンチャンへ行って戻るだけでも陸路入国となります。もうこれだけで1年間のビザラン回数を使い果たしてしまいます。これ以上国境の出入りを繰り返したい場合には、割高な国際線の飛行機チケットを利用する必要があります。これからバンコクを拠点に周辺各国をめぐる旅行プランを考えている人は注意すべきでしょう。

    
コメント