エベレストなぜネパールから登る?

エベレストは世界最高峰の山です。先日はタレントのなすびさんが登頂に成功したことも話題となりました。エレベストというのは、実はネパールだけの山ではありません。エベレストはネパールと中国の国境上にある山です。中国のチベット側ではチョモランマと呼ばれています。


なぜネパール側から登る?

このエベレスト登山が話題になる時はかならずといっていいほどネパール側から登山を行っています。これはなぜかといえば、ネパール側の方が、登山の体制が整っているということがいえるでしょう。登山に必要な設備やスタッフをそろえるにあたって、ネパール側の方が都合が良いという理由があげられるでしょう。

中国側からも登れる

ですが、チョモランマに中国側から登ることはできます。さらに標高5400メートルまで車で行けるので、ネパール側に比べれば、交通の便はいいといえます。ですが人気がないのは、人間が登山を行う場合には高地順応という作業が必要になります。これは上がったり下がったりといったことを繰り返しながら少しずつ体を慣らしていくものです。いきなり車で乗り付けて、頂上を目指すということは実際にはできないのです。そのため、登山体制のバックアップが充実しているネパール側が選ばれているのだといえるでしょう。

「エベレスト登山は高い?」の詳細を調べる

    
コメント